sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
「少年の名はジルベール」

またも24年組の記事です。多分また熱いです笑。ウザい方はスルーで。

 

泣きました。この本読んで。久々にわんわんと声を出して。堪らない本当に。

 

刊行されたのは一昨年ですが、たまたま去年見つけて読みました。

 

私はご存じの通り萩尾望都のファンなので、竹宮恵子が書いた漫画ではなく本にはそれほど興味はなかったのですが、そこは便利な密林レビューですよ。すると大泉サロンの全貌が明らかになっていると書かれていたので、これは読みたい!とポチッと。

 

もうね…ヤバイ。涙腺崩壊。何だろうこの感情は。

 

大泉サロンという名とは裏腹に、実際には古いボロボロのアパートの、たった四畳半のコタツ部屋。ここから壮大な夢が広がったんですね〜

 

そしてあの頃はどんな時代で、少女漫画界の裏で、どんなことが起こっていたか、その一部始終が部屋の絵付きで赤裸々に明かされています。

 

日本の漫画史において歴史的史実を残すという意味でも大きな役割の一冊。

 

まずね、私、すごく誤解してた部分があって、私が思い描く竹宮恵子の印象が「萩尾望都に嫉妬してる野心家の少女漫画家」だったのが、この本を読んで180度ひっくり返りました。

 

そう、読んでみてわかったのは「実は竹宮恵子が萩尾望都の才能を一番理解していた」ということ。

 

また、その才能を彼女自身 理解すればするほど、自分を苛んでいくスランプという地獄の様な苦しみを抱えてゆきます。その苦しみは自律神経失調症にまで発病。当時、その病名はまだなく、竹宮恵子は悪夢にうなされながらも、あの狭い大泉サロンで日々漫画を描き続けました。その壮絶さは筆舌に尽くし難いほどです。

 

実際、大泉サロンは2年足らずで崩壊。竹宮恵子自身がその終了ボタンを押します。

 

萩尾望都はちょうどその頃、ポーの一族「メリーベルと銀のバラ」を執筆中。一緒に住みながらも萩尾望都は竹宮恵子のその苦悩さえ全く知らず、どんどん名作を発表してゆきます。山岸涼子、一条ゆかり、坂田靖子、ささやななえ、花郁悠紀子、波津彬子、佐藤史生…と、色んな大物少女漫画家の名前が飛び出します。

 

ただ、この大泉サロンの発起人は当時、萩尾望都の友人だった東京在住の増山のりえ氏。竹宮恵子著「変奏曲」原作者、また「風と木の詩」の続編小説「神の小羊」(全3巻)の著者でもありますが、実際は竹宮恵子の初期作品、特に「ファラオの墓」と「風と木の歌」の共同原作者でもあり、今で言うところの竹宮恵子のブレーンでありプロデューサーであった最重要人物です。

 

(余談ですが、以前私が「ポーの一族」の二次創作をしたいけど、ご本人はどう思うのか聞いてみた人物は この方です。その時の話はこちら

 

その彼女が「少女漫画界で革命を起こす」という壮大な青写真を描き、自宅の斜め前にあった2階建てのボロアパートに竹宮恵子と萩尾望都を呼び、それが後に「大泉サロン」と呼ばれる場所になります。つまり増山氏がいなければ24年組も大泉サロンも存在しなかったということ。

 

(竹宮恵子は大泉サロンにいる頃、この増山氏に相談しないと漫画が描けなくなっていたこと、また、作品のクレジットに増山氏の名前を入れるよう何度も提案をしますが、当時の少女漫画界において、原作者付きは一段格下で見られる為、増山氏自身が断固として拒否したことが、この本には書かれています。

 

増山氏は竹宮恵子のことを「無欲の人」と言ってますが、のちに何百万部も売上げた漫画のクレジットに入らないという増山氏も同じく「無欲の人」と言えると思います。だからこそのムーブメントですね)

 

竹宮恵子はある日ふと浮かんだ「風と木の詩」の構想を、電話で8時間に渡り延々と この増山のりえに語ったというエピソードは有名な話。(大泉サロンで萩尾望都と住む前です)

 

更にこの本には、当時の少女漫画界では絶対的にタブーだった男性同性愛の物語「風の木の詩」を描く為にはどうしたらいいかを7年間考え続け、あらゆる出版社、編集者にこの「風と木の詩」の構想を描いたクロッキーノートを見せて回ったこと。最終的には、新しい男性担当者が「アンケートで1位が取れたら、それがどんな作品でも僕が連載させます!」と確約し、その1位を取るための作品として「ファラオの墓」を連載開始したことが詳細に綴られています。

 

つまり少なくとも「ファラオの墓」「風と木の詩」の2作品は(クレジットはなくとも)竹宮恵子と増山のりえとの二人三脚で、それも全て口述による二人の打ち合わせにより生まれた作品であることも、この本には書かれています。

 

また、当時の少女漫画は担当者が全て成人男性のため、読者である少女の求めるものを理解出来るはずもなく、よって内容の打ち合わせなどは殆どなく、ただページ数やテーマのみで原稿を依頼されたことなどの当時の内情等も。変な介在がなく作家の個性がダイレクトに読者に届いた時代だったのかもしれませんね。

 

だから普及の名作がポンポン生まれたのかも。

 

(そ〜いえば、トーマの心臓を描く際に、男性担当者が萩尾望都の元にベルばらを持参して「こういう大河ロマンものをかきましょう!」と意気込んで語ったというエピソードも笑。)

 

ファラオの墓、ベルばら、エースのねらえ、ポーの一族、トーマの心臓等の名作は、1〜2年から数年の連載で書かれており、少女漫画も当時は週刊連載が主流だった最もスピードのある時代。だからこそ生まれた「時代の奇跡」だったのではないかと思えるのです。

 

(余談ですが…実は読んでて、この竹宮恵子と増山のりえとのやりとりが、何だか今の私と相棒とのやりとりにちょっと似てるなと。普通なら このやり取りは編集者と漫画家が繰り広げるものですが、ただ、出版社側の思惑の入る隙がない身内内の口述での打ち合わせですし、お互いの視点が全く違うので、口論しながら新しい第三の視点が生まれることもしばしば。もちろん、彼女達がそうだったかどうかはわかりませんけどね。

 

彼女のライフワークになる作品「風と木の詩」のためにあらゆる手段を講じるあたりの、二人の壮絶な努力と演出やそのやりとりが、今の私達の作品「僕の楽園」と少し重なって…

 

そう言えば以前 相棒が「劫って、ちょっとジルベールに似てるよね」と言った言葉が私の脳裏に浮かびました。)

 

実際には上位アンケートを取ることを竹宮恵子が初めて意識した「ファラオの墓」の連載が、彼女に心から漫画を描く喜びと楽しみを教えてくれた最初の作品となり、そこから彼女はスランプを自力で脱してゆきます。その力強さたるや…

 

そこからの彼女の大活躍ぶりは周知の通りですね。

 

↑その後、京都精華大学マンガ学部に招かれ、教師として教鞭を取っていた竹宮恵子が、もしかすると参考書として書いたのではないかな?と思われる一冊。(あくまで憶測ですけどね)

 

本作はアナログでの漫画の描き方が中心に書かれていますが、それ以外にも大泉サロンのことやシナリオの事など色々載ってますが、やっぱりこの人、凄い!よくよく読むと創作の極意がサラリと随所に書かれています。

 

紫綬褒章取っただけのことはありますね。なんというか「見えてる」。そう、見えてる。この人には。他の人には見えない何かが。だから漫画だけじゃなく、小説を創作する人にもオススメの一冊です。

 

↑言わずと知れた竹宮恵子代表作「風と木の詩」の後日談の小説「神の小羊」(全3巻)。のりす・はーぜは増山のりえ氏のペンネームです。絶版で特に最後の3巻がずっと入手出来ずでしたが、今回、竹宮恵子画業50周年を記念して復刊ドットコムから3冊復刊されます。気になる方は今しか入手出来ませんので是非。

 

今回この2冊の本に触れ、なんかとてつもないパワーを頂いたような気持ちです。それはあの大泉サロンに集った、まだ無名の少女漫画家たちの若い躍動感あふれる時代のエネルギーの一端に触れることが出来たのかもしれません。ご興味のある方は是非。

 

関連記事 : 萩尾望都関連記事

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

宝塚歌劇「ポーの一族」

行ってきました宝塚花組公演「ポーの一族」。今回の記事は萩尾望都ファン、特にエドガー愛に溢れたかなり長〜い記事になってるのでウザい方はスルーで。

 

もうね…たっぷり3時間、夢の世界でした。生きた動くエドガーを見れる日が来るなんて…生きててよかった笑。

宝塚はベルばらとかエリザベートとか、大きな演目は見に行ってるんだけど、オタク友達のFちゃんから去年「ポーを宝塚でやるよ」と情報を入手していたので、今回初めての2階席の1列目のチケットをゲット。

 

上演前に今回同行したFちゃんから「劇場内のレストランでポー上演にちなんで『薔薇の紅茶』が飲めるよ」と聞いたので、劇場内のフレンチレストランでランチ後、薔薇のジャムを入れた紅茶をいただき、2人ポー気分を盛り上げ いざ会場へ。

 

とても面白い席でしたね。全体が良く見えるし、花道を歩く時に役者さんがすぐ下を通るのでキラキラ眩しい姿が間近で見れ大満足。

今回は、この麗しいパンフレットをご紹介しながら記事を書きます。

 

凄いですね〜本当に漫画の中から抜け出たようなエドガー。日本人とは思えないビジュアル。原作をとても忠実に再現しています。

 

これが宝塚の凄さ!

 

萩尾望都古参のファン納得の、いや想像以上のエドガーの3次元具現化。これだけでも宝塚ポー上演の価値はあったと思います。

 

これを見る限り、同じ萩尾望都作品の舞台化で成功を収めた男性だけの劇団Studio Lifeの「トーマの心臓」と比べると、美少年を扱う萩尾2大作品において(両方観劇した私としては)やはりビジュアル面では(少年ということを含め)演者が「女性」だけの宝塚に軍配が上がります。

 

見て下さい。この「蒼い目ヂカラ!」これがエドガーですよ。宝塚の目の盛りは少女漫画の盛りと同じ比率だったのですね。

 

今回エドガー役は花組トップ「明日海りお」アラン役は「柚香光」シーラ役が娘役トップの「仙名彩世」

普通ならエドガーの相手役はメリーベルと思いきや、これがなんとシーラ役。物凄く綺麗でした。

(メリーベル、出番は多いんだけど ただの脇役という扱い。ほとんどキラキラ感なし)

 

 

実は「ポーの一族」はエドガーとアランの物語と思われていますが、萩尾望都の最初の構想では「美しい吸血鬼の兄妹のお話」とはっきり書かれています。つまりエドガーとメリーベルのお話なんですよ。

↑ポー連載前の、漫画家が毎月一人1P貰う1ページ劇場での初紙面登場のエドガーとメリーベル(「透き通った銀の髪」以前です)

 

当時、萩尾望都の中にこの美しい吸血鬼兄妹の壮大なお話の構想はほぼ全てありました。それを当時の編集者に話すと「連載はまだ早い」と一喝されたため、まずはこの1P劇場を描き、読者に訴え、その後、読み切りの度にポーの短編をこそりこそりと描いた、という経緯がポーにはあります。その編の詳しい話はこちら。

↑そのページの一番下の端に書かれた小さな萩尾望都の文字。

 

 

話を戻して…今回の宝塚上演の演出も脚本も小池修一郎氏。

 

30年前、小池氏がまだ駆け出しの演出家だった頃、たまたまホテルのカフェで萩尾望都と席が隣になり、当時から萩尾望都のファンだった氏は、その時に自身の名刺を渡し「ポーの一族を是非宝塚で」とお願いし、その場で萩尾本人から口約束を得ていたというから驚きです!

 

30年前と言えば、ベルばら大ブーム後、少女漫画の舞台化が視野にあり、演目を検討する宝塚制作部の書棚にはポーの全巻は既に並んでいたらしく、何度か上演の検討はされていたそうですが、エドガーもアランも14歳という少年の設定、しかも大人の男女のロマンスを描く通常の宝塚の演目において、当時の上演は とても難しかったと小池氏は語っています。

 

萩尾望都も数箇所からポーの上演の申入れを「約束(口約束)がありますから」と30年間 断り続け、自分の生きてる間はポーの舞台は見れないかもしれないと思いながらも、今回は萩尾望都の方から小池氏に「そろそろポーをやって頂けませんか?」と言ったというから凄い!

 

↑パンフレットに掲載されていたコミック見開きページ。オリジナルのコミックでは1巻の中表紙に右半分だけ掲載されていた画像ですが、今回見開きページが40年ぶりに掲載されていました。初めて見るエドガー!!

 

萩尾望都は中学2年に初めて宝塚歌劇団の舞台を見て「こんな美しい男性がいるのか」と衝撃を受け、その後、ポーの宝塚上演の口約束をした小池氏が(萩尾のポーに影響を受け)作った「蒼いくちづけ」という美しい吸血鬼の舞台を見て多大なる衝撃を受けたと後に萩尾本人が語っています。

 

余談ですが、この「蒼いくちづけ」は宝塚大ホールの演目ではなくバウホール(小劇場)での演目。そのバウホールの演目が大ヒットし、東京公演まで実現したのは異例中の異例。しかも当時、星組2番手の紫苑ゆうがドラキュラ伯爵を演じた幻の舞台。紫苑ゆうは歌唱力、演技、ビジュアル、人気が既に3番手あたりから物凄かった男役スター。萩尾望都がスクリーミングされるのも何かわかる気がします。(ということは、もしポー上演がすぐに決定していたら「紫苑ゆうエドガー」が実現していたかもしれない…それも見たかったかも)

 

つまり この「蒼いくちづけ」は、小池氏と萩尾両氏がお互いに吸血鬼という媒体を通して影響を受け合った幻の舞台だったわけで、興奮冷めやらぬその様子を萩尾望都が親交のある夢枕獏に語ると獏氏は「それなら、是非ポーの続きを描いてください!」と言ったというエピソードも(エディス後の話です)もしかすると、それで続編「春の夢」が実現したのかも…。

 

これを聞く限り、萩尾望都本人は宝塚の、しかも小池氏演出のポーの舞台化を心底待ち望んでいたのでしょう。

 

私自身、ずっと「ポーの一族」の舞台化が長期間 何故されなかったのか、もしかして萩尾望都はポーに関しては他媒体の表現方法を嫌がっているのでは?と疑問でしたが、このエピソードを聞いて納得。

萩尾望都は生涯に渡って一番好きなキャラはエドガーだとはっきり語っています。そして こう言いました。

 

「私はこのお話が私のところに降ってきてくれて本当に、本当に良かった。このお話を描いてる間、私はとても幸福(こうふく)でした。」

 

(しあわせではなく、こうふくと云う言葉を彼女は選んで使いました)

 

※ その時の記事はこちら。「メリーベルと銀のバラ」を描いている最中は、ちょうどあの大泉サロンにお住まいの時でした。そのお話はまた後日。

 

話を戻して。萩尾望都から直々にポーの上演を依頼された小池氏はこう続けます。「不躾に私が申し出てから30年が経っている。嘗て(かつて)は宝塚的でないと言われた「ルパン3世」も上演されている。時代は変わったのだと宝塚での上演を再検討した」。おりしも、萩尾望都が40年ぶりに「ポーの一族」の新作「春の夢」を描いた矢先、宝塚での上演が決定。「機が熟した」というか、やっと「時代がついてきた」んでしょうね。

 

ただ、私はStudio Lifeの「トーマの心臓」のように、ある「一場面」を舞台化すると思っていたのですが、これが全く違いました。

 

↑麗しい…さすが宝塚。細部に渡って手抜きなし。

 

冒頭はグレンスミスの日記を持つマルグリット・ヘッセンとドン・マーシャルがフランクフルト空港で落ち合うシーンから始まり、彼等が全編に渡って「壮大な時系列の語り部」という構成になっています。これは上手い!と冒頭からワクワクしたのですが…

 

今回の舞台化は原作からかなりかけ離れ、オリジナル脚本に、オリジナルキャラさえ出てきます。これはおそらく原作を知らない人でも物語を理解出来る様にという演出家の配慮からだと察しますが…

 

ポーの一族の巻数はたったの5巻ですが、内容は今の漫画に置き換えると、数十巻並の壮大な大河長編コミックですので、この時系列を全部盛り込んだお話を2時間強に纏めるのは至難の技だったのでしょう。

 

もしStudio Lifeがポーを舞台化していたら きっと3巻の「小鳥の巣」が中心だったと思いますが、今回の宝塚舞台は衣装も人物も時代も華やかな1、2巻が中心です(まずシーラが娘役トップの配役ですから)

 

なのでキリアンやテオは出てきませんが、最後にきちんとドイツのギムナジウムシーンはチラッと出てきます。ルイスが「メリーベルって妹がいたら…」という例の下りですね。制服姿の2人が謎めいていて眩しかったです。

ま〜あれだけ壮大なお話ですし、時系列もかなりですので、これをどう演出するか見ものでしたが、まさか原作曲げて全くのオリジナル脚本にしているとは…ベルばらはかなり原作に忠実に作ってあったので、あれを期待していましたが…やっぱり難しかったようですね。

 

それでも萩尾望都はエドガーがアランを連れ出すバルコニーの「きみもおいでよ。ひとりではさみしすぎる…」シーンは漫画から抜け出したようだと絶賛していましたが、これの対になる執事のセリフ「風に連れて行かれた…!?」のシーンに私はちょっと不服。

 

このセリフは、ベルばらの「見えてないのか!アンドレ!」とか「千の誓がいるのか、万の誓が欲しいのか」に匹敵するポーの名言シーンなのに…じっくり浸りたいシーンなのに…全く余韻がない!

 

そう、余韻がないんです!

 

なので私的には今回の舞台化は、ただ時系列を足早に駆け抜けたお話って印象でした。

 

小池氏がこのページを見るとは思いませんが、私はただ、ベルばらみたいにもっと原作に忠実に創って欲しかったです。

 

萩尾望都の16pの短編「半神」を野田秀樹が舞台化に成功したように、彼女の作品はどんなにページが少なくても、どこを切り取ってもきちんとしたお話が成り立ちます。

 

演技云々以前に、こんなに忙しく矢継ぎ早に場面転換しなくとも充分魅せる美しい舞台になったはずです。素材も完璧、機も熟した、全てのお膳立ては出来ていたはずなのに…。

 

30年間の長きに渡り萩尾望都本人を待たせたのなら、出来る限り原作に忠実に仕上げて欲しかったというのが萩尾ファンとしての正直な感想ですね。

 

ビジュアルが忠実過ぎるくらい忠実なので本当にもったいない。

 

パンフレットの中綴じ↑のちょっとセピア色よりのエドガーとアランのカラーピンナップ。パンフレットはすこぶる豪華です。買う価値あり。

 

 

でもね、今回の公演で私が1番嬉しかったのは…

公演パンフレットの中に大好きな「ペニーレイン」のカラー表紙が夢のA4サイズで掲載されていたこと!こんな青紫色のエドガーだったんだ…美し過ぎる…

 

 

家宝にします。家宝にします。家宝にしま…(やまびこ)

 

 

追記 : 萩尾望都著「ポーの一族」新刊「春の夢」は私、読むのを挫折しました。絵がどうしてもダメで…。どういう感じかというと「同窓会に行ったら、初恋の人が禿げてメタボになっていた」くらいの衝撃。だから、自分の中の記憶は美しく保つ為に、私は同窓会に行ったことないし、この先もポーの新刊は読まないと思います。ごめんなさい。

 

 

関連記事 :カラオケとHappy Birthday

関連記事 :「ポーの一族」と「トーマの心臓」

関連記事 :My神

関連記事 :萩尾望都 特集本

関連記事 :二人のMy神と時効話

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」1

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」2

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」3

関連記事 :オスカーは欠かせない

関連記事 :ユーリとオスカー1

関連記事 :ユーリとオスカー2

関連記事 :ユーリとオスカー3

関連記事 :ユーリとオスカー4

関連記事 :ユーリとオスカー5

関連記事 :萩尾望都関連記事

 

関連記事 :エリザベート

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」3
JUGEMテーマ:漫画/アニメ











いかがでしたでしょうか?まるで美しい詩集を読んでいるような韻を踏んだ音の流れ。少年特有の危うさ、美しさ、儚さ、青さが風に運ばれここまで漂ってきそうですね。読み終えた後、何か一滴ぽとんと落ちた箇所から、幸福感がじんわり心に広がっていく、そんなお話です。

関連記事 : 萩尾望都の過去記事 
関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」1
関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」2
 

「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」2
JUGEMテーマ:漫画/アニメ










「トーマの心臓」は「ポーの一族」連載(おそらく「小鳥の巣」後?)後、33回の週刊連載で描かれました。連載当初はずっと人気がなく、読者人気ランキングは最下位だった為、いつも雑誌の巻末に掲載されていたそうです。

勿論、連載打ち切りの話は何度も当時の担当さんから萩尾氏に打診がありましたが「もうすぐ終わる。もうすぐ終わるから。終わったらすぐにポーを連載しますから」と宥めすかし、這々の体で連載が完結したという曰く付きの作品。あの時に担当の言うことを聞いていたら、漫画誌に残るこの不朽の名作は誕生しなかったんですね。

さて、この「湖畔にて」は筆致を見る限り、本作後、時間を置かず描かれたと思われます。トーマ後、約束通りすぐにポーの一族の「エヴァンスの遺書」の連載が始まりますが、萩尾氏は「手がエーリクやオスカーやユーリを覚えていて、エドガーを描く手にまだなっていかなった」と語っていました。そ〜言われてみると、エヴァンスの遺書のエドガーはエーリクに似ている気もしてきます。

関連記事 : 萩尾望都の過去記事 

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」1

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」3

「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」1
JUGEMテーマ:漫画/アニメ










名作「トーマの心臓」の後日談「湖畔にて」です。漫画ではなく、絵本としてカラーで発売されたものの復刻版です。ユーリが去ったその夏、彼は本当にシドとこんな幸せな時間を過ごしていたんだと思うと泣けてきます。ちょっと長いので3回に分けて、ここにアップしますね。

 

関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」2
関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」3

関連記事 : オスカーは欠かせない

関連記事 : ユーリとオスカー1 他


関連記事 : 萩尾望都の過去記事 

ユーリとオスカー5完成

 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

完成。色んな試行錯誤したけど最後にはセピア仕上げに。お正月までトップ絵に。
今年も残すところあと一日。早いな〜 振り返ってみれば今年は漫画を一枚も描きませんでした。来年はボチボチまた漫画を描いていけたらいいな〜と思います。
そんなスカスカなこのブログを見てくださった方々、ポチポチと拍手やランキングぽちっとして下さった方々、コメントを下さった方々、色んな形でこうして影から応援して下さった方々、本当にありがとうございますそれでは、来年もよいお年を
以下res返信です(反転してお読み下さい)
続きを読む >>
ユーリとオスカー4
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

肌を色塗り。なんかオスカーの顔が変わってきた…ヤバイ…
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに

ユーリとオスカー3
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
ユーリ。
オスカー。メリクリ〜♪
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに
ユーリとオスカー2
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
構図決め。線画はまだまだ未完。ここから消しゴム作業。
ユーリとオスカー1
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
色々とやらないといけない原稿もあるんだけど、作業だけやってたらカラカラに干涸びるのでここらで萌え補給 先日からのトーマ熱がまたふつふつと…(ごめんなさい。x'mas絵描かないでこ〜いうのばっか…

…多分、トーマとポーは描き出すと止まんないからかなり封印してたんだな〜私。前回ユーリを描いたら止まんなくなった。ユーリって(描いてみてわかったけど)実際に描くと色々な部分が見えてくるキャラ。鼻梁とか眉とか髪型とか…すごい微妙なラインをしていて「ユーリって聖堂の天使みたいな顔してるよね?!」ってセリフがあるけど、萩尾先生はそ〜いう事を考えながらユーリを描いてたんだな〜とか勝手に妄想が膨らむ。

オスカーはやっぱりキャラとしてすごいんだけど、ユーリっていうキャラもちょっとやそっとでは生まれないキャラなんだな〜って描いて改めて思いました。でもごめんエーリクはまだ描こうと思わないんだけど…
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに