sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「西高東低」表紙1

JUGEMテーマ:イラスト

大阪青春小説「西高東低」の表紙を描き始めました。バスケ馬鹿の西門、東京からの転校生美形秀才の東雲。何日掛かるか…頑張ります。

 

イメージ先行

ここんとこ、あるPV動画を何十回と見続けました。そして描いたイラストが↑コレ。いつものようにイメージ先行です。未だ何のことだがさっぱりですが、後で画像をアップした時にわかるはずです。この画像で先の展開がわかってもネタバレになるので言わないでくださいね〜その時までお楽しみに。

西高東低 挿絵

JUGEMテーマ:BL小説

 東雲は一旦席を離れ、自動販売機でミネラルウォーターを買い一気にそれを流し飲んだ。
 ワー! と一際高い歓声が挙がり、東雲は振り返った。人の群がる出入り口の隙間から中を覗く。


 西門だ!


「ちょ、ちょっとすみません。」


 強引に人を割り身を乗り出したその先を、西門のブルーのユニフォームが風を切って駆け抜けた。


 ダダダダ…!


 床が揺れたような気がした。黄色のユニフォームの相手校の選手とボールを巡って激しく競り合う。ぶつかり合う衝撃で汗が飛び散る。


「西門!!」


 東雲の喉から思わず歓声が上がった。その表情も漲る力も、授業での試合など問題にならないほどの迫力だった。


 コートの中の格闘技みたいだ…。

長い手足を活かし相手の行く手を阻む西門から立ち昇る闘志。


流石に強豪校同士の練習試合だ。相手もその気迫にたじろぎはしない。


ダダン!!と真正面からぶつかり合う肩。


「行ったれーー!!!」


誰かが東雲の後あたりで叫んだ。耳がビリビリ震えた。


その瞬間、数歩走った西門が飛んだ。その目がずっと上を睨んでいる。


踏み切った足が地を離れ伸ばした腕がゴールへボールを押し運んでいく。


まるでスローモーションの様に秒刻みに見えた。


誰も手出しができない。誰も追ってこられない高みへ。西門だけが硬質の翼を持つようだった。


ダン! ピピーー!


西門が地に降りる音とホイッスルの音が同時だった。

 

 

すげー。あのガタイであそこまで飛ぶかー。


皆が感嘆しながらざわめいた。


その中にいて、東雲の心と背中が戦いた。


すごいすごいすごいすごいすごい! 西門! ホントにすごいよ!


東雲は駆け去っていく西門の背にそうつぶやいていた。

 

-------------------------------

 

↑エブリスタで連載してます(現在は休載中)BL青春小説「西高東低」の1シーンの挿絵を鉛筆にて3P挿入。1Pに付、画像は1枚しか挿入出来ないし、文章の最後にしか画像を貼り付け出来ないので結構難しいです。今回はたまたま読み返ししていたら、このシーンを描きたくなったのでコピー用紙に鉛筆でサササッと。

 

今月は何だかブログいっぱい更新したな〜

注意点と本音

JUGEMテーマ:BL漫画

何ヶ月ぶりの記事でしょう。放置ブログです。

↑は小説「西高東低」の挿絵です。○将で食べる千手観音もとい千手西門と東雲。

 

一応、現在の活動拠点はエブリスタですので、こちらは毎日更新していますが、エブリスタに登録している、いないに関わらず、私達の作品を100% 楽しんで頂くために、今後の注意点と本音を少しお話しさせて頂きたいと思います。

 

ーーーーーーー

現在、読者の半分以上はエブリスタに登録しておられないお名前のない方々です。もしかすると、以前からの読者さんも おられるかもしれません。

 

ですが、実は現在の私達の活動拠点であるエブリスタというこのプラットフォームは、とても…とても複雑なシステムで運営されています。

 

エブリスタは10数年前、携帯小説が流行りだした先駆けのプラットホームでしたが、初期の屋台骨の上に、時代のニーズにその場しのぎを繰り返したあげく、今のようなスタイリッシュとは程遠い「ややこしさ極まりない」サイトに変貌。

 

そして1年半前、敢えて そこを私達sora組の活動拠点に選んだわけです。巷のsnsも一切しない。むしろ全部撤退。時代には逆行してるけど住めば都的な。

ーーーーーーー

 

ま〜それだけややこしいエブリスタですから、私達の作品を閲覧するのにシステム上、少しの注意点やコツが双方必要となります。そこで、お互いの連絡手段として、エブリスタでのファン登録をおすすめします。

 

ーーーーーーー

それから今後、以前 発表してました作品や未発表作品等もゆっくりですが続々掲載する予定です。もちろん今まで通り、ひっそり読んで頂くのもありがたいのですが、作品を世に出す以上、読者の方全員に、

 

「私達の作品を100% 楽しんで頂きたい!」

 

そう。色々書きましたが、結局この一言に尽きますね。