sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 花咲ける青少年 | main | 俎上の鯉は二度跳ねる >>
のだめ
amazonのレビュー読んだら即読みたくなったのだめ。
ヤバい。久々にのだめの続きを借りて読んだ。ヤバい。何がヤバいって、凄すぎこの漫画。あ〜もうなんなんだろうこの興奮は。涙が止まらないよ〜。

二ノ宮知子という人の頭はどうなってるんだろ。無駄なコマ、無駄な台詞、顔の皺の線一本全く無駄がない。膨大なキャラの描き分けだけでも神業級なのに、そのキャラ一人一人のキャラ立ちから、キャラ同士の絡みの伏線の振り方一つとっても、無駄なく、そして更に「くどくない」上に読者に分かりやすく話が滞りなく進んで行く。テーマも一本筋が通っていながら、のだめの心の中だけは描かずに、それ以外のキャラの心理描写で それを読者に分からせる、その手法。コレ簡単そうに見えてもの凄く難しいと思う。少年漫画ならいざ知らず、女性向作品の中で、21巻というこれだけの長編にも関わらず、中弛みするどころか、巻数が増す程どんどん引き込まれ加速していく。それとギャグセンスが松本人志級なのも見逃せない。

私の神、萩尾望都もこの「のだめ」と「大奥」には一目置いている(らしい)。確かに今の少女漫画界を背負って立つ一人には違いない。昨今の漫画作品の中では明かに星5つ。個人的にも星5つ。ついでに千秋様に星5つ。
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ