sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 温泉旅行にて | main | エイジ・コールド・ブルー(えすとえむ) >>
美しいこと(木原音瀬)

大好きな女装モノです。上手いですこの作家さん。他のBLモノに有りがちな ご都合主義は全くありません。ただ、30前後の男性が絶世の美女になれるのかは女性の立場からはちょっと微妙。でも、なりゆきで攻の家に泊まった帰りに自分の顎を触るとヒゲが生えかけててざわっとした、という表現等もきちんと忘れてない所とか臨場感があり、エロシーンよりも二人の心の葛藤の動きが時間をかけてゆっくりと表現されてます。

最初は女性と信じて疑わず、女神の様に信望され、男の純情をこれでもかと見せつけられ ついに男性と打ち明ける。その打ち明け方がドロドロせず小綺麗です。そして、そこからお互い絶対にあり得ないと思っている「同性を好き」になったら果たして どういう気持ちになるのかが、手を替え品を替え読者を程よくイライラさせながら話は進んで行きますが、その具合が絶妙です。
日高ショーコさんの挿絵もくどくなく綺麗で中味とマッチ。出来れば絶世の美女という設定なら、それを1枚でも描いて欲しかったというのが絵描き心。受の性格が女装趣味という嗜好があったとしても、とてもスマートで爽やかに描かれていて読後感のいい作品。

これ読んで、木原音瀬さんの他の作品もすごく読みたくなりました。他の作品のレビューを読むとかなりイタイという意見が多く、これは読むとかなり影響されそうだな、と思ったので未だ二の足を踏んでいるという....(^^ゞ
ぽちっと応援ありがとう♪→にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ参加中。