sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< この時期になると… | main | そろそろトップ絵を…1 >>
借りぐらしの…
JUGEMテーマ:話題の映画
見てきましたアリエッティ。行く前から賛否両論でしたが、ジブリなので一応ここは行っとかないと。感想は…ごめん…やっぱり不完全燃焼。

基本設定やキャラやネタが悪い訳じゃない。でも、何か見終わった読後感が…物足りなさを感じてしまう…そんな印象。勿論、冒険スペクタクルファンタジーじゃないから、とか。お話のスピード感がないとか。ジブリ特有の浮遊感というか高度感(びゅ〜んと飛ぶ連続シーン)はないのも要因の一つなのかな?と思ったけど、多分そうじゃない。ジブリ作品で私が一番好きな「耳をすませば」は、もっとネタとしては普通だと思う。う〜ん、なんと言うか…何か一つ…練りが足りない!

例えば、昔、主人公の少年の曾祖父やお母さんが小人を見たという話や、以前家に住みついていた他の小人家族が襲われた話や、出て行った小人家族の話等のエピソードが、画像ではなく、登場人物の台詞だけで終わっている。う〜ん…恐らくこの映画、圧倒的にエピソードの数が少ないんじゃ〜ないかな〜

今回、脚本は宮崎駿ですが、監督はジブリ最年少若手監督の米林宏昌。この方、今までジブリ作品では、千尋の両親が豚になるシーンや、ポニョが沢山の仲間と初めて海の上に登っていくシーン等を担当し、アニメーターとしての表現力や画力は宮崎駿が抜擢するだけの事はあると思う。

ジブリの映画の作り方は、プロット(文字、シナリオ等)はなく、宮崎駿(と今回は新監督)が映画のイメージを画像でまず何十枚も起こすところから始まる。ここまでは2人の共同作業。その後の絵コンテ以降のすべての作業は、宮崎駿は一切関与する事なく新監督に委ねている。

やっぱ巨匠が偉大過ぎるだけに、彼のあとを継げる後継者が世に出て来るには、もう少し時間が掛かりそうなのかな… 私個人的にはやっぱ「ジブリは日本の誇り」なので、もうちょっと腰を据えて、若手に頑張って欲しいな〜と思います。
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ