sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 寒いな〜とお茶葉 | main | ひぐらしの森 >>
JUGEMテーマ:アート・デザイン
師走です。一年ってば早いな〜。ということで先日、京都の上村松園展に行ってきました。美人画で有名な上村松園ですが↑の絵は「焔」(ほのお)という作品。松園自身「私の数多くある絵のうち、たった一枚の凄艶な絵」と語っている異色作。源氏物語の謡曲「葵上」の六条御息所の生き霊を描いたとされる有名な絵です。

今回は京都の上村松園展でしたが、数年前、普段は東京に在るこの絵(東京国立博物館)を見る為だけに上京した事があります。絵の損傷を防ぐ為、年の何分の一しか展示しない作品なので、見れるだけでラッキーなんですが、その時、ひっそりと佇むこの絵のすぐ横にこんな文章がありました。

「一度見たら忘れられない絵というものがあります。この絵はまさにそういう絵です」(曖昧ですが、意味はこんな感じだったと思います)

初めて見た時は…衝撃…美しいんだけど壮絶。その絵を今回、近くの京都で再度見れるというので京都へ。大勢の人が賑わう展示会の片隅にこの絵はありました。私は少し離れてこの絵をじっと見つめましたが、怖いという感情は起きませんでした。むしろ、熱情というか静かな内なる力というか…とにかくひっそりと、それでいて力強い絵です。描いた松園自身の息づかいが聞こえて来そうな…膨大なエネルギーがこの一枚に込められている、そんな絵。

この絵を描いた時、最後に何か一つ足りないと思った松園が最後に施したのが「裏彩色」。絵絹の裏から目の部分に金泥を塗り込むと、般若の様な女の薄い目があたかも生きているかの様になったと言われています。

私は日本の画家の中ではダントツこの上村松園が好きなんですが、その中でもこの絵が一番好き!勿論、私の描く絵とはジャンルも画力も天地程違いますが、それでも彼女の絵に触れると心が滾るし、創作のヒントがたくさん浮かびます。やっぱり時代に関係なくいいものはいい!それに何でも生(ナマ)に触れるってのはやっぱりいいな〜
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ