sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三千世界の鴉を殺し | main | 花咲ける青少年「フルール・ド・グラス」1 >>
「花咲ける青少年」特別編
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
大好きな樹なつみの最新刊。しかも10数年前の連載「花咲ける青少年」の番外編。1巻はみんなのその後、ユージィンの過去編、カールの過去編の3本立です。読んだ感想は…これは買いでしょう!!よくあるその辺の番外編とは雲泥の出来映えです!むしろ本編よりもいい!

この方はエンターテイメント性に優れた漫画家さんですが、今回もどっぷりとその世界観にハマらせて貰えます。特に大好きなユージィン編は…美しい あとがきにも書かれていますが、絵柄をわざと当時に戻したとある通り、更に美しくなったユージィンがこれでもかっと氷の様な美貌でお話に登場します。

内容も2本の過去編共、後味が良く、しかもカールが可愛い!本編より可愛い!本編では他のキャラ達に押され、やや影の薄かったカールですが、今回は…彼の過去がきちんと丹念に描かれ、最後おもわずホロリとします。

同人誌レベルの番外編が多い中、久々に金を出して買う価値のある番外編でした。大体このシリーズ、一番最初の読切プロローグ「マハティ編」自体が番外編の様な構造になっていて、そこからどんどん世界観が広がってきます。

私的には、著者作品「八雲立つ」とこの「花咲ける」シリーズは、最初は色んなシチュを織り交ぜた一話完結型の展開で、クライマックスに近づく程、ドロドロと長引く展開となっていますが、欲を言えば、もっと短く完結にサラリと終わって欲しかった2作品。おそらくこれが著者の傾向なんだと思うけど、一話完結型連載の構成の方が内容も濃く、作品の質も上がったのではないかな〜と思います。

この後、3巻までこの番外編は続き、ルマティ編、バーンズワース氏編と続くそうですが、私的には立人過去編を描いて欲しいな〜♪
ユージィン、これはこの後、真剣に色塗りしま〜す♪
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ