sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キャプション2 | main | 新キャラ >>
G線上の猫(全3巻)
JUGEMテーマ:BL漫画
ライトノベルの挿絵でも有名な宮城とおこさんの作品。CRAFTという私の大好きなBLアンソロジー雑誌にて足掛け8年越しの3冊からなるシリーズ。長い、長かったです。季刊誌という事もあるけど、こ〜いうじっくりしたペースで描かれる作品は、著者にとってもいいのか、結果的にとても深みのある作品に仕上がっています。

あらすじは、音楽学校でバイオリンを学ぶ高校生 理也は著名な音楽家を父親に持ち、将来を嘱望されている。だが理也には誰にも言えない二重人格という秘密があった。もう一人の自分(二重人格)理也の秘密を共有する大学生篤司と、理也に複雑な想いを抱き翻弄する先輩 香坂との狭間で感情に揺れる(2人?)の理也の恋と人格、両方の行方は?

言っておきますがエロ度は低めです。CRAFTは心情表現を重視した作品が多いので大好きなんですが、この作品、じっくりじわじわと後から来ます。主人公の理也がグジグジ悩むのもまた可愛いし、伏線をゆっくりゆっくり丁寧に抑えていますので、読んだ後の後味というか余韻がとてもいい作品です。多分、何度でも読み返したくなる。そして、最後の3年後の描きおろしの理也が…か、可憐すぎる…あの数ページでやられました。著者の宮城さんには「お疲れ様でした」と言いたいですね。

そして、やっぱり特筆すべきは絵のクオリティの高さ。同じCRAFTの「セブンデイズ」同様、繊細な線と背景処理が綺麗で、BLにしては画面がとても華やかです。(結構BLモノって、淡白な画面や絵柄の作家さんが多いんですが、やっぱり絵は見ていて綺麗なのがいい!)という事で★4.5。とてもいい作品です。「セブンデイズ」お好きな人は是非。
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ