sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久々の… | main | めんたいこフランス2 >>
憂鬱な朝1〜3(日高ショーコ)
 JUGEMテーマ:BL漫画
大好きな日高さんの作品です。ヤバイ、ヤバ過ぎる〜一気に3巻読み〜幸せでした 何度最初から読み返したことか…面白いし、切ないし、可愛いし、綺麗し…文句無しの★5です。

あらすじは…時は明治、10才にして親を亡くし、久世家の子爵位を継いだ暁人(あきひと)に残されたのは、父が分家から引き取り、幼少から育てあげた人物、家令(執事の様な役割)の桂木(かつらぎ)だった。残酷な程に冷たいながらも美しい桂木に厳しく育てられるが、その桂木に認められようと暁人は徐々に華麗な成長を遂げていく。そんな中、桂木に認められたいと思った一心が、いつしか彼への恋心であると気付く暁人。無理やり桂木を抱く関係を築いてしまう。明治の華族文化華やかなりし時代の主従を越えたBLロマン作品。

すごい世界観です。揺るぎない。キムタクの「華麗なる一族」を彷彿とさせます。これだけの世界観を淀みなく描けるその手腕に、まずは脱帽。そして、クールビューティーの家令(執事よりも格は上だと思います)桂木の美しいこと! 執事服の黒の礼服って、丈が膝まであるんだけど、彼のピンと背筋の伸びた痩身と優雅な立ち居振る舞いに、この礼服の丈は…たまらんっ 舐め回したいくらいにツボです。しかもこの時代、バリバリの英国式洋装の下は「褌」ですからきゃは〜 

もうね、17才の子爵の暁人の狂おしい程の桂木に対する愛情の深さと、その深さに徐々に氷の様に溶けていく桂木の心情表現が秀逸です。日高さんは「花は咲くか」でもそうですが、とにかくゆっくりじっくりじわじわと…来るんです!この焦らし具合がなんとも言えないんだな〜。

そしてね、徐々に明かされてゆく桂木の本当の出自がわかると、暁人と桂木の本当の関係が…危険過ぎてツボ〜〜 ウチのサイト漫画大丈夫な方なら、この関係性は大丈夫だと思われます。

この作品、勿論BL作品なんですが、もしBLという要素がなかったとしても「読ませる」作品レベルです。よくここまで調べあげてるな〜と感心してしまうほど。かなり下調べしてないと描けないと思います。

最後に日高さんは本当に絵が上手い! BL作家の中でも私は1、2を争う絵の上手さだと思います。身体のラインがとにかく綺麗今回は、明治時代の礼服、執事服、礼装、和装と衣装がとても見事なのも見所の一つ。勿論お薦め度★5です!
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ