sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HEARTY PARTYシリーズ「その行方を知らない」565P 完結 | main | よいお年を >>
花は咲くか3(日高ショーコ)
 JUGEMテーマ:BL漫画
いいな〜この作品。表紙から二人の距離が近づいて来る様子がよくわかります。特にこのおっさん桜井の大人な顔と内面のギャップの描き方が上手い!

あらすじは、広告代理店勤務の桜井(37才)は、ひょんな事から近所の古民家大家の大学生 水川蓉一(19才)の下宿屋に住み始める。下宿人は蓉一の従兄弟の菖太と竹生の他、蓉一の事が気になる大学の同級生 藤本まで加わる。人間嫌いだった蓉一が、徐々に唯一心を桜井に開く様になっていく様子を丹念に描いた物語。

2巻の最後で(BL的に)やっとキスまで辿り着きますが、3巻でもそんなにペースアップはしません。その代わり、二人の心の距離はどんどん縮まります。このじれったさが何とも言えません。私はこれくらいのペースの方が好きだな〜

日高さんは、とにかく画力が高いので、それだけで読ませるBL界では数少ない作家さんですが、原作ストーリーはご本人ではなく、他のパートナーの方がネーム段階まで描かれているらしく(小畑健みたい)つまりチーム「日高ショーコ」という感じでしょうか。それもこの画力では、なんとなく頷けます。
原作をネームまできっちり描く方がいて、そこに画力のある描き手がいる。これって本当に凄いことです!だって、日高さんが下描きに入ったら、原作者さんは次のお話の構想に入れるんですよ〜。それだけじっくりとお話が練れるんですから。)

3巻のお話の方は、蓉一とキスを重ねる度に悶々と悩む37才独身桜井の心の葛藤と、今まで幼い頃亡くなった父の影しか誰も蓉一の事を見なかったのに対し、桜井だけは蓉一を彼本人として見つめる、その「まっすぐさ」に無垢な蓉一の心が花の蕾の様に少しづつ膨らんでゆきます。

日高さんってエロ度は低いんだけど、絵自体に色気があるな〜普通、男性が男性を好きになるって事だけでもファンタジーで、もしそうなったとしても、これくらいは最低悶々するでしょう〜という感じでゆるゆ〜るとお話は進んでいきます。その代わり、主人公二人だけではなく蓉一の廻りの脇役達の心の葛藤や動きがたくさん丁寧に描かれていて、それがこの作品の見せ場の一つでもあり醍醐味でもあります。勿論★5つ!
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに