sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 途中絵1 | main | 水面下2 >>
うた恋い。3(杉田圭)
 
待ちに待った3巻です!う〜んたまらん!今回は清少納言と彼女を取り巻く人達の物語。左の男性は一巻に登場した藤原義孝の忘れ形見の息子、藤原行成。ちょっと生真面目でツンデレな彼が可愛い!(顔は似てますが性格は全然違います)

1巻は百人一首の選者である藤原定家を中心に、様々な人物の和歌の小話をオムニバス形式で構成していましたが、2巻は小野小町を中心とした物語。今回の3巻は清少納言が中心です。

まず、巻を増す毎に構成力がアップ!かなり緻密に練っていますね〜。杉田圭、やっぱ上手いな〜絵も構成も「今が旬」の脂の乗った作家さんだと思います。

清少納言と言えば「枕草子」ですが、これがどのように、どんな政治的な思惑や事情があって書かれたか等々…時代背景を踏まえて、様々な人間模様が丹念に描かれています。

↑上の表紙では、ちょっと強気でじゃじゃ馬な清少納言というイメージですが、本編を読むと一人の女性としてとてもチャーミングです。又、その瑞々しい感性故に時代に翻弄された彼女の運命を廻りの男性達はどの様に見ていたか…その描き方が上手いです。

3巻の中で1番好きなエピソードは、清少納言の兄 清原到信が結婚を約束していた幼馴染みに振られた際、自分の非を認め「彼女を責められない」と言った時、父である清原元輔が息子に「そう思うなら なおさら、責めるぐらいの事はしてやりなさい」と言うシーン。こ〜いうトコが、この著者の懐の深さを思わせます。

そして〜とにかく描く男性が一人残らずカッコいい!!(私的に3巻では藤原実方というイケメンがツボでした)そして男女とも描く人物それぞれが、とても人間臭く魅力的。だから読んだ後味がとてもいいんですね〜(やっぱり漫画はキャラが命)

杉田圭の性別は公式には発表されてませんが、描く男性に妙な色気があるので、私は著者は女性ではないかな〜と思います。(男性を装ってますが…業界ではよくある話)又、紫式部、小野小町、清少納言の3者3様の「仕事を持つ女性」の心の葛藤の描き方が、男性ではここまでリアルに表現出来ないのではないかな〜とも思ったりします。

付属のDVDは、1巻で登場した藤原道雅と当子内親王との恋物語「うき世の月」。通常のアニメの様に、声の収録もなく派手な動きもありませんが、絵と文字だけでしっとりと魅せ、それが余計に平安情緒を醸し出し、最後にはきゅ〜んと来る内容です。

ここ数年の私の中では一番のヒットシリーズ!とにかく絵も構成も読ませます!アニメ化も決定された様で、今後も見守ってゆきたい作品の1つです。勿論★5つ!!

余談ですが…2巻までのキャラ投票が出てました。なんであの異端児 陽成院貞明が ぶっちぎりの1位?! しかも文屋康秀が3位で大好きな在原業平がいないじゃ~~ん!!私と世間の嗜好に大きな隔たりを痛感したキャラ投票結果でした泣
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに

以下はres返信です(反転してお読み下さい)
5/4 面白かったです!カイが〜さん

少しでも楽しんで頂けた様で嬉しいです!
カイにも甘やかせて、泣かせてくれる人を〜とのお言葉…
きゅ〜んときました。
もうあんまり彼を泣かせたくはないんですけどね〜(´・ω・`ゞ
チラホラと妄想はあるんですが
描くとしても、もっと先になると思います。
嬉しいコメントありがとうございました!