sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 吸血鬼イラスト6(完成) | main | 「花のみぞ知る」宝井理人著 >>
新しい靴を買わなくちゃ
 JUGEMテーマ:映画の感想
行って来ましたこの映画。邦画の恋愛映画を映画館で見るなんて何年振りだろ…だって舞台がパリだから。しかもオールパリロケと聞いたら大画面で見たくなっちゃった〜

あらすじ…妹に付き添ってパリ観光にやって来たカメラマンのセン(向井理)は、パリに着くなり妹に置き去りにされ途方にくれていたところを、ひょんなコトからパリ在住の年上の日本人女性アオイ(中山美穂)に助けられる。今の仕事に嫌気がさし、自分に自信を無くしたカメラマン青年のセン。人に言えない過去を持ち、その為にパリを離れられない独身女性アオイ。やがて2人はそれぞれの心の内を打ち明け始める。一足の靴から始まる3日間の恋の物語。

う〜ん、感想は…び、微妙 むちゃむちゃ泣きたいとか、笑いたいとか、感動したいとか…そ〜いうこれでもか〜っていうのを期待すると肩すかし…北川悦吏子さんですから。こないだのドラマ「素直になれなくて」もそうだったけど、いい言い方をすると余韻がある、違う言い方をすると…ラストが見ている人に委ねられています。北川作品って、いつもそうなの??

でね、好きか嫌いかを問われると…私はこ〜いう終り方好きです。でもね、関西人から見ると、セリフの一つ一つが異常にクサいです。東京の男の人はみんなこんなクサいセリフを連発してるんですか?そ〜いう意味で…作られた感があるかな〜 ちょっとリアル感に欠ける。なんと言うか…ハーレクインロマンス的な。全部が綺麗すぎる

かと言ってドロドロのギタギタな泥沼邦画は好きじゃ〜ない…なんだろうこの違和感。エピソードの挿入とか、主人公の過去とか、クライマックスの持って行き方とか…は上手い。でも心が揺さぶられない。うん、多分そう。心が揺さぶられない。薄っぺらい。

妹の恋愛部分も同時進行で描かれていて、2組の男女の恋の物語なんだけど、それも薄っぺらい。むしろそこは無くても主人公の恋愛を深く描いて欲しかったかな。

ただね、最初の挿入部分の映像とか、パリの背景をバックに音が一切無くなる瞬間とか、光の用い方とか…そ〜いう技術的な部分は、恐らく岩井俊二色が存分に出ていて、見ていてとてもお洒落で綺麗です。

大人の恋の物語…というよりは、とても綺麗にまとまった恋愛映画という感じ。かなり辛口ですが★3つ。
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに