sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 拍手漫画 | main | 空と原(中村明日美子著) >>
姉の結婚(西 炯子著)
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
先日から拍手がえらい事に!たくさんぱちぱちありがとう!!

と言う事で正月に一杯仕入れた漫画のレビューをぼちぼち消化して行こうかと…今回はレディース話題作品のレビューです。「娚(おとこ)の一生」で大人気を博した西炯子の最新作。と行っても既に4巻まで刊行。私はその内の2巻まで購入。

あらすじは、東京から故郷に出戻ってきたアラフォー独身女性ヨリ(39才)に突如としてストーカーの様につきまとうイケメンが目の前に現れる。その男、少年の頃からヨリを女神の様に密かに崇めていたホワイトポーク(白い豚)というあだ名を持つ超ブサメン男子で、現在は人気イケメン精神科医・真木。しかし彼はヨリとそっくりの妻を持つ、れっきとした妻帯者だった。

まずは先に謝っておきます。ごめん、ダメ…この作品。この前の「娚の一生」は海江田というおっさんキャラが良かったから、かろうじて最後まで読めたけど、今回は主人公男女2人が同級生の39才というかなり微妙な設定が一つのウリの作品。

そのアラフォー男女の「一筋縄ではいかない恋愛」がメインなら、ソコにもっとリアル感が欲しかった。男も女も39才となると、それなりの年を喰ってるワケで…それでも女はかなりの努力で39才は皺一つないキラキラで描いてもまだ許せるけど、男の39才で昔ブサメン今イケメンって(あの福○雅治でもアレなんだから)現代の39才の一般日本男性の頭のてっぺんと腹回りがどんな事になっているのか知らないんじゃ〜ない?!とつっこみの一つも入れたくなっちゃう

例えば、ヨリと真木の妻がたまたま同じ店で、たまたま同じ服を買い、たまたま同じパーティに出席し、そこで真木が昔から好きだったヨリにそっくりの妻と結婚した事が露呈するという場面。これだけたまたまが重なると、少女漫画の主人公が雨の中ずぶぬれになった猫を拾っている彼をたまたま偶然目撃しちゃったよ〜漫画を彷彿とさせるのは私だけでしょうか

キャラがどうとか、そ〜いうの以前の問題で、恐らくこの作家さんのノリが、たまたま私に合わないんだと思う。なんと言うか…主人公の過去の心の傷を含め、設定にリアル感が全くないので、お話自体にまずのめり込めない。どこまで行っても上滑りな絵空事って感じ。なので今回のは…多分続きは買わないと思う。

勿論、漫画は絵空事なんだけど、そこにキャラの魅力なり(ファンタジーであったとしても)設定のリアル感なり、世界観なり、どこかに一本でも筋が通っていれば、その世界の中にグイグイと引っ張られるんだけど、多分、前回の「娚の一生」のラストで感じた「質の薄っぺらさ」が、この作品には最初からプンプン匂ってて…ダメなんです個人的に(西さんファンさんごめんなさいっ

絵はとても見やすく、描線も綺麗だし、イケメン具合もソコソコいい感じなんですが…これはホント相性の問題なのかもな〜という事で☆2です。辛口でごめんね
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに