sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 拍手絵 | main | クワイア・ボーイズ >>
新宿ラッキーホール(雲田はるこ著)
 JUGEMテーマ:BL漫画
この派手な表紙につられてついポチッと密林カートに。で読みました。上手い〜♪エロい〜♪雲田さんの本は初めてでしたが、ただすごいな〜と。

あらすじは、父親が残した借金のカタにゲイビデオポルノスターに仕込まれる苦味(くみ)とゲイのヤクザで仕込む側のサクマ。現在はヤクザを足抜けし、ゲイビデオ製作会社の社長の苦味とスカウト担当で副社長のサクマ。トウがたった大人の男2人の不思議な絆。彼らを取り巻く人間群像劇。

以下ネタバレを含みます。

・「唇は苦い味」…金に困って苦味の元を訪ねた田舎から上京した若者との短編
・「約束は一度だけ」…ヤクザを足抜けしたサクマの事を幼い頃から横恋慕し続けた組長息子との短編
・「ハートに火をつけて」…苦味の事を密かに想う従業員斎木君とゲイビアルバイターのレニ君との短編
・「陽当たりの悪い部屋」(前後編)…父親の借金のカタにサクマの元に送り込まれた高校生の苦味。大事な商品には情を入れ込まない主義のサクマが、死を覚悟した苦味に生きる意味を与え、そこから2人の人生が始まる前後編

上記のように4編の短編で構成され、それがすべて上手く繋がっています。ものすご〜く内容が濃く、あとがきにも書かれていますが、すべてのキャラが半端なく立っていますので、これであと軽〜く2〜3冊はお話が描ける勢いの一冊。いや〜是非続編希望♪

とにかくエロシーン満載♪そこはお墨付き。でも私はやっぱり…この世の中の酸いも甘いも踏み越えた いい年こいたおっさんの苦味とサクマ2人の微妙な距離感の描き方が秀悦です。切な過ぎる…普段は明るく振る舞っていたいたのに「俺のこと殺してよ」と泣いてサクマに縋る高校生の苦味に情感を根こそぎ揺さぶられるサクマの心の葛藤。も〜も〜ゴロゴロo(´^`)o

本当にお話の構成も、セリフ廻しも、キャラの立て具合も絶妙。雲田さんが青年誌で「昭和元禄落語心中」を連載しているのも頷けます。BL界ってつくづく思うけど、本当に侮れないジャンルですね〜人材の振り幅が∞無限大!!

ただ一つ悔しいのが、雲田さんの絵柄が私の萌えにヒットしないってこと!!(秀良子さんも雲田さんも この部類)デッサンもきっちり出来てるし申し分ないだけにホント悔しいんだけど、これだけは個人的趣向なんでしょうがない重い話なのに、描かれるタッチがものすご〜く軽いのよ。そのギャップも雲田さんの持ち味なんでしょうね〜)

なので作品的には★5、絵柄趣向を差っ引いたら★4.5 惜しい!! でもおススメです!!
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに