sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昭和元禄落語心中(雲田はるこ著) | main | 新キャラ7 >>
風立ちぬ(宮崎駿 監督 ジブリ作品)
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
行って来ましたジブリ〜♪世間では賛否両論あると思いますが、完全に大人向け、そして日本人向けの映画です。私は良かった!すご〜〜く。(モネを意識したと言うだけあって)背景が写真の様にリアルでありながら色彩はモネの様に美しい これは絶対に大画面スクリーンで見ないと損ですよ〜♪

(以下 長〜いネタバレ&ウンチク余談あり。ウザい方はスルーで

行く前に宮崎駿の密着取材2時間番組を見てたから、余計に思い入れがあったのと、友達が見に行って「後からジワジワ来るよ〜コレ」と言ってたと、劇場予告PVの「ひこうき雲」を聞いた時点で おもわず泣きそうになったのとで、早速次の日映画館へ。

私は宮崎駿が大好きなので、見終わってから…この映画は、彼が一番彼自身の為に、人生の最後に描いておきたかったんだろうな〜って、と同時に「宮さん、死ぬのかな?!」とも思った。
実際には彼、アニメ作業からは引退するけど、ジブリの森の手直しやテコ入れをしたいと語っていたから、それはするだろうけど、なんとなく自分の死期を覚悟している主人公の菜穂子とも今回、彼が重なった。

この映画、クライマックスを敢えて描いてない。菜穂子の死ぬシーンも、0戦で戦う戦争シーンも。だから、欧米人にはクライマックスなしの映画なんてあり得ないし、悪と善を対比させるこ〜いう考え方が基本の欧米人には全く理解出来ないと思う(実際、虫の鳴き声を雑音としてしか捕らえられない欧米人と、風情と捕らえる日本人とでは感性が違うと思うから)

何が良くて何が悪いとか、そ〜いうのじゃなくて、時代や環境の波に翻弄されても、それでも(力を尽くして)「生きねば。」と訴える「残された時間の少ない宮崎駿」にとって 最後に「今はわからなくても、そ〜いうわからないモノに出会う事も 子供にとって大切なんだよ」と誰かが彼に言った言葉に背中を後押しされ作った、彼の魂の叫びの様な作品に仕上がっている。

淡々としているのに、一つの絵、一つのセリフにまさに入魂って感じがして、それがラストで在りし日の若いユーミンが歌う「ひこうき雲」と重なると…もうエンディングロールで席を立つ人が誰もいなかったのも頷ける。(でも友達が見終わった後のエレベーターの中で、若い子が「で、菜穂子はど〜なったん?」と言ってたのが印象的だった、と語っていたのも事実)

それとスゴかったのは地震のシーンの地鳴りの声というか音。関西と東北の被災地の方なら、あの聞き覚えのある音。その描き方が物凄くリアルです。
それからこれは恋愛映画だから、ジブリでは御法度だった(?)キスシーン(おそらくジブリのキスシーンは今までに、このハウルのラスト一回のみだったんじゃ〜ないかな?!)がてんこ盛りだし、初夜シーンの菜穂子さんの「来て」に至っては「これがジブリ?」みたいな…(両親の前でエロシーンを見る時の様なバツの悪さの様な)そんな気持ちにもなったヨ
あらすじはここでは割愛。(公式サイトを見てね〜)好きなエピソードは鯖の骨。そして、その鯖の骨の流線から発想を膨らませる主人公二郎に、夢の中でカプローニが語る「美しいものは、すぐれた機能を持つ。(その美しい)センスは時代を先駆ける。技術はその後について来るんだ」と言うセリフ。これを聞いてApple創立者でMacを作ったあのスティーブ・ジョブスが同じ様な事を言っていたのを思い出した。これが天才達が語る真理なんだろうな〜
最後に私は野村萬斎の声がすご〜く好きなので、カプローニ演じる萬斎の腹の底から出るあの低い声がものすご〜く心地よかった。狂言で鍛えた身体の低い位置に重心を置く五臓六腑に響く声。はぁ〜たまらん

最後に…72才という老体に鞭打って、半ば絞り出す様にこの映画を描き終えた宮崎駿へのオマージュを込めて★5

読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに


ここからは余談。今回 主人公の二郎の声を乞われ演じたエヴァンゲ○オンの監督 庵野秀明と宮崎駿は、長い師弟関係を持つ間柄なのは有名。古くは「ナウシカの谷」のあの有名な巨人兵のラストシーンは庵野が描いており、その実力は宮崎駿自身が一番良く知っている(でも宮崎駿は「シーンはすごいけど、絵が下手なんだよ庵野は」と言ってた。監督厳し〜い

そこで、今回の2人の再会の際に「ナウシカの続編は描かないんですか?」との庵野氏の言葉に、宮崎駿は「俺は(年だから)もう描けない。描くなら お前が描け」と語りあっていたので、もしかしたら〜10年以内に庵野氏監督、ジブリ主催で「ナウシカの谷」続編が製作されるかもしれない。すっご〜〜〜い!!(「ナウシカの谷」は原作が宮崎駿の描いた漫画で、映画ではその前編の半分しか描かれていない)

もう一つ、今回、本庄の声に西島秀俊を器用したのは鈴木プロデューサー。鈴木氏の配給する「ジブリ汗まみれ」のラジオ番組で彼がゲストに来た時に、部類の映画好きで意気投合した2人。その時に以前、西島の出演するストロベリーナイトで、ものすごい早口で喋る事が出来る上手い俳優として目を付けていたと本人の前で鈴木氏が語っていた。私も西島秀俊の声と あの早くてそっけない本庄のセリフ廻しは絶妙だったと思う。

って言うか…宮崎駿と同じくらい私、鈴木プロデューサー好きなんだよね〜あの頭のキレ具合がっ