sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< それでも優しい恋をする(ヨネダコウ著) | main | 表紙絵 描いてます1 >>
テンカウント(宝井理人著)
JUGEMテーマ:BL漫画 
話題の本、この表紙につられて買ってしまった。結果、良かった!極度の潔癖性の美人社長秘書と心理カウンセラーとのお話。

あらすじは、潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会った無愛想なカウンセラーの黒瀬から、潔癖性を克服する為の個人的なカウンセリングを受けることになる。10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが…(コミックより抜粋)

表紙のインパクトが凄いですね〜でも、この表紙の様な場面は一切出て来ません。著者もあとがきで表紙詐欺と怒られてもしょうがない、みたいな事を書いてられる様に、エロもキスも一切なし。著者作「セブンデイズ」よりも「花のみぞ知る」よりも、エロのペースが遅いです。(「セブン…」では2巻通してキス止まりでしたが、次作「花のみ…」は最後はきちんとエロシーンを描いてますので、今回も期待しましょう)

ですが、ストーリーがきちんとあるし、城谷が黒瀬を段々好きになっていく行程が、じっくりじわじわと描かれていて、そんなシーンなくても読ませるBL作品。まだ1巻ですが、城谷が何故潔癖性になってしまったか、黒瀬が何故初対面から城谷に興味を示したのか、がまだ語られていません。その辺は2巻以降でしょうか。

私は宝井さんの作品の良さはなんと言っても爽やかな絵柄だと思っています。とにかく絵とペンタッチが綺麗。特に今回、美人社長秘書の城谷は物語上95%以上が三つ揃いのスーツ姿なんですが、美人+手袋+三つ揃いスーツで、これだけでも買って良かった笑。

ただ、ちょっと私的に惜しいのは、「花のみ…」もそうでしたが、主人公が若干女々しく感じます。今回城谷は特に泣きぼくろがあるので、よく泣きますめそめそと。それで萌える方にはより好物でしょうが…ごめんなさい。

キスもありませんが、萌え要素はあります。私は一見無愛想な黒瀬の職業上なのか、城谷に体する何気ない気遣いにとても好感を感じました。城谷は10項目を空欄にするのですが、その10項目が何なのか…がこの物語のポイントな予感。タイトルにもありますしね。

えっ〜と評価は★4.5 色々書きましたが、やはり何度も読んでしまうので、面白いんでしょう。ペースは遅くてもいいから、2人のじっくりと触れ合っていく様子を繊細なタッチで今後も描いて頂きたい作品です。