sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テンカウント2巻(宝井理人著) | main | 又もオヤジ >>
飴とキス(秋平しろ著)
 JUGEMテーマ:BL漫画
大好きな作家さんです。文句なく上手い!絵もコマ割も構成も背景も構図も…そしてセンスも。この作家さんは、一時ブログ村にも登録されていたので、その頃のサイト漫画を読まれていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。とりあえず、今回は初単行本おめでとうございます!ということでレビュー。

あらすじは…小さい頃から貧弱で不細工で、モテたことなんて一度もない。だからせめておしゃれには気を使いたい。そうして気づけばショップ店員になっていた前田大希には、好きな人がいる。ファッションビルの本部社員・楊井春久だ。優しくてかっこよくて、気さくに接してくれる憧れの人。でも、1ミリの可能性もない恋だと自覚している。そんなある日、勢いで言ってしまった一言「僕の顔に、キスできますか?」に、楊井にファーストキスを奪われてしまい…(一部コミックより抜粋)

本当に簡単な簡単な線でサラサラと描かれていますが、とても綺麗な絵柄です。絵が上手いってこ〜いう人のことを言うんだろうな〜といつもじっと眺めています。今回、受の前田君なんて、もうグリグリって線だしね。それでも可愛く見えてしまうマジック。攻の楊井さんはイケメン設定ですが爽やかさが半端ないです。いい人過ぎて…。こんな人が実際いらっしゃったら探しに行きますよ〜モテて仕方ないだろうイケメン振り。

実際には、このストーリーは「男だろ?」という部分は余りありません。前田君を女に置き換えても違和感はナッシング。楊井さんが「…男の子とつきあうの、はじめてなんだ」って言うシーン以外は。前田君、超女々しいですしね。でも、私はこの方の描く雰囲気が大好き!それはもう文句なく。生理的に好きなんです。どなたかがイシノアヤと似ていると書いてましたが、私は現・佐原ミズ、同掲載紙CRAFT時PNの夢花李と似ていると思いました。どこかアットホーミングな感じ。それでいて絵とセンスが抜群!

あとがきに紳士が大好きと書かれていましたが、デビュー前からずっと描かれていた長編漫画の山元氏が即座に浮かび上がりました。超絶黒髪インテリ紳士山元とチャラ男社長の物語で、かなり長い長編でしたが、山元氏が生粋のノンケ設定でしたので、エロシーンはキスさえなし。それで何百Pも書かれていましたが、ものすごく大好きなお話でした。商業誌では難しいとは思いますが、あれは是非又、読んでみたい作品の一つです。どうぞ編集さんがこの記事を覗いていましたら よろしく、という事で。一応、この「飴とキス」は大好きな作家さんの初単行本ということで★5。
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに