sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 僕の幸福を紹介します(ロッキー著) | main | 「憂鬱な朝5」日高ショーコ著 >>
イヴ・サンローラン
 JUGEMテーマ:映画の感想
見に行って来ました話題の映画。言わずと知れたフランスの有名デザイナーの映画です。が、何と言ってもフランス映画ですから 色々な意味で。気になったのは、彼がゲイというかバイ(女性との関係も描写されています)だった事。今作はその生涯のパートナーであるピエール・ベルジューイヴ・サンローラン財団公認という貴重な映画。財団公認ということで、実際の衣装がそのまま貸し出されたり、もしかすると表現方法(脚本等)に制限があったのかもしれませんね。公式サイトはこちら

感想はですね〜う〜ん…感動したとか そ〜いう感じは全くないです。ただ何度も言いますがフランス映画ですから、ハリウッド映画の様なパキッとした感じではなく物憂い感じ。そして退廃的背景に加え…男、男、男。財団公認でありながら、麻薬、パーティ、ハッテン場漁り、フェラチオシーン(映像では下からが寸止めですが笑)等々。

豪華な衣装や美しいモデル、それもいいんですが、私が気になったのはフランスの一般家庭?!の食事やお茶のシーンとか出てきても、お母さんとかパールのネックレスしてるんです。上流家庭なのかな?なんかフランス〜♪って感じでした。でも映画の全体的な感想は とても退廃的。これに尽きるな〜

華やかなデザイナーやモデルには、あんなに退廃的な享楽が必要なんでしょうか。サンローランの類い稀なる才能には享楽が不可欠で、そんな彼を全面的にサポートする生涯の男ピエール・ベルジュ。サンローラン自身に「寄生虫」呼ばわりされても、グッと耐え抜いてきた「生涯の男」の苦悩が一番痛々しかったです(彼のビジュアルがもっとよければ、もっと萌えましたが)本当に彼の事を愛していたのは彼だけだったんだろうな〜と思います。

まぁかなりホモ映画です。プンプンです。感動はしませんでしたがインスピレーションは得たので私には満足でした。映画としての評価は★3.5
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに