sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜 | main | 黒服 >>
「花は咲くか 5」(日高ショーコ著)
JUGEMテーマ:BL漫画

来ましたよ。待望の最終巻。分厚い!普通の1.5倍はある。しかも、それに小冊子が付いている。それにもまして、内容が濃い。お得感満載の一冊。読んだ後、とても幸せな気持ちになれる作品です。

あらすじはこちらを参照して頂き、ここでは割愛。大学生蓉一と38才独身男サラリーマン桜井の成長物語、と言ってしまえばアレですが、どちらかと言うと主人公2人と、それを取り巻く人々全員の成長群像ヒューマンドラマシリーズです。

密林では絶賛の嵐ですが、それも頷けます。とてもとても丁寧に綴られたBL作品。蓉一と桜井がお互いを好きになり、お互いを理解しようと努力し、そしてお互いの過去と真剣に向き合う勇気を育み、お互いの今と未来を見据えて行動を起こし、2人の居場所を見つける、それは2人を取り巻く周りの人間達をも大きく巻き込み、皆が皆それぞれの着地点を模索し、見つけてゆく…そんな日常の物語です。

最終巻だけあって、ものすごい厚みです。群像劇を描きたかった、と著者がおっしゃってただけあって、登場人物全員が皆それぞれの新しい道を歩みだす…全巻読んだ後、とても爽やかな風が通り過ぎるような気持ちのよい読後感です。そして、今巻は待望の蓉一と桜井の初Hシーンがあります。とってもうふふな感じですよ。

個人的には、おっさんの桜井がもうかっこよくてかっこよくてかっこよくて…大人〜〜〜マジでいい男。こんな優しい包容力のあるおっさんに愛されて、蓉一はこの後も幸せだろうな〜と想像すると顔のニヤけが止まりません。もう本当に桜井さんかっこ良過ぎ。蓉一のことが可愛くて可愛くてしょうがない様子が、余計いい!いいんだよ〜!は〜たまらん。

でも一つだけ残念なのが、初回版だけですが、出版社の印刷ミスにより、最後のページのモノローグの台詞が抜けています。日高さん、これ見たら蒼白だったんではないでしょうか。私だったら悲しい。ラストのモノローグって、その物語全部を通して、一番重要な箇所のはず。そこを印刷ミス。脱力するねきっと。重版分からは印刷されますが、私は勿論初回版だったので、ラストページに「でも、いつか…きっと」という台詞をえんぴつで書きましたよ。こんなの初めて笑↓(一応、こちらにも正しい画像を載せておきますね)勿論、内容は★5。日高先生お疲れ様でした。


読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに
 
香夜さん
お久しぶりです。こんにちは。
いや〜またまた宮画像に反応して頂き嬉しいです^^
また、花粉症へのお気遣いもありがとうございます。
香夜さんは花粉症の方は大丈夫ですか?
私は例のお茶が効いているのか、例年に比べては
何とか乗り越えれそうな感じです。
宮は今回描いてて、顔が幼くなった感じでしたよ。
彼は私のキャラ達の中でも特異なキャラですが
又、描いてあげたいキャラです。
いつもサイトをご覧頂きありがとうございます。