sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イメージ先行 | main | 内田善美 自選複製原画集2 >>
内田善美 自選複製原画集1

今回の記事は長いですよ〜。今日は このブログ検索ワード1位の敬愛する消えた漫画家 内田善美の自選複製原画集からのイラストです。全部で12枚あり、サイズもB4と かなり大きいのでスキャンが大変ですが、ブログの小さい画面に収まるようにアップ出来ればと思います。

 

彼女の(内田善美は女性です。以前メールで「内田さんは男性ですよ」と、わざわざご指摘を頂き調べたところ、女子大卒であることが判明。彼女の漫画家時代の友人の漫画家さんも内田さんは女性であると証言しています)著作物は全て本人の意向により再販が認められず、常にオークションでは高値が付くので、私も見つけたら即競り落とし、ほぼ全作品を手中にしましたので、出来るだけ彼女の絵が世間の目に触れられるよう少しづつアップしていこうと思います。

 

まずは1枚目。「アムレードーー米軍の戦略偵察機「ロッキードSR-71」の様な怪異な黒の威容(いよう)を彼にも持たせたかったのに…」(内田善美自選複製画集より抜粋)

 

それでは、自選集の中に記載の内田氏のコメントと一緒にご紹介します。

 

「数少ない原稿の中から《少年》の絵をがんばって(無理やりとも云ふ)選び出しました。この様なかたちの画集を出すなど、また胃が痛くなりそうです。まったく私はカラー絵など思い通りにいかない度合が高いので、憂鬱状態が長くなりますし、当然、運筆も減速の一途をたどります。本当にこれは精神的重労働です。(編集者にも…)それでこの様な沈鬱な絵になるのかしら、などと思わざるを得ません。本来は地を駆け(かけ)、天翔け(かけ)、光の中で戦い続けている。そんな《生きている少年》が佳い(よい)のです。ほんとに!」(内田善美自選複製画集より抜粋)

 

 

まずは1枚目、自選集の表紙にもなっているカラー。コミック「秋のおわりのピアニッシモ」に掲載されているファンタジー作品「銀河 その星狩り」の表紙カラー絵です。

 

彼女の絵は大きい画像(今回はB4サイズ)で見ても細密画です。一切の妥協がない。CGのない時代のカラー絵で、この質感は圧巻ですね。

1977年ファンタジー作品「銀河 その星狩り」あらすじ

 

「幼い頃、商の星の牧童になりたいと言っていた王子・オージンと彼に仕えるアムレード。今は彼らも立派な大人になり、死にゆく母星・赤星にかわって居住可能な星・緑星に、一族の運命をかけて戦いを挑む。血で血を洗う惨劇にオージンは疑問を抱きながらも、生き残るために剣をとり続けた。ある日、彼は死にかけた敵方の少女を目にする。と、そ二へアムレードの戦死の知らせが入り、少女とアムレードがだぶったオージンは少女を助ける。少女・フレイヤも南の星の存在を信じている事に心揺れるオージン。そして殺戮に別れを告げ、平穏を求めて、二人南の星めざし旅立つが、後には追手がかかり…。(『増刊ぱふ』1986年vol.2より抜粋)

↑2枚目。

 

こちらも同じ作品のカラー表紙(主人公 王子オージンと少女フレイヤ)です。外国童話の表紙みたいですね。萩尾望都やロードオブザリングの世界観がお好きな方なら、お勧めの62Pからなる物悲しいファンタジー作品。上記はこの作品の2枚のカラー絵(又はイメージ描き下ろしカラー絵かも)です。原画集の中に添えられた筆者の言葉は…

 

「オージンとフレイヤーどういう訳か赤毛に、それも子供でない少年と少女のそれにひどく惹かれます。」(内田善美自選複製画集より抜粋)

 

そう。内田氏の描く少年って「子供でない」少年なんですよ。

↑クライマックスの1P。スクリーントーン一切なしでこの迫力!緻密に計算された白い空間バランス。溜息が漏れます。

 

当時の少女漫画は1Pのコマ数が6〜10コマが普通ですので、62Pで言えども現在のコミック1冊分くらいの内容が凝縮して盛り込まれています。しかも、内田氏のコマですから細密画漫画。言葉選びも詩集を読んでるようです。

 

「掲載誌が小さかったので、原寸大のこの絵のボリューム感が出なかったように思います。この淋しさは作者だけのものでしょうか…」(内田善美自選複製画集より抜粋)

 

わかります、この気持ち。こちらの掲載誌は「ぶ〜け」でしたので、大型単行本とほぼ同サイズ。

 

私も印刷対応原稿サイズで描いて、携帯配信で一コマ一コマ分割されたり(全コマ同じ大きさで表示泣)スマホ画面で漫画をお届けするのは本来本意ではないですもん。だから、この内田氏の気持ちは痛いほどよくわかります。

原稿と同じサイズのB4だと、もの凄い迫力です。彼女が自選集に選んだのも頷けますね。

 

コミック「秋のおわりのピアニッシモ」は内田氏のデビュー作「なみの障害者レース」が同時掲載されている単行本で計4作品掲載されていますが、単行本出版に際し、モノクロで全て表紙だけ新たに描き下ろしているようです。

 

↓こちらはその同作品描き下ろしの方のモノクロ表紙。

 

このブログ、幅400pixelしか載せられないのが悔しい。細かすぎて線が見えない笑。マントの模様…凄すぎる。漫画の域は軽〜く超えてます。これはもう芸術。漫画っていう日本の文化は中々侮れないですね。

 

全体像(グレースケール)↓

またもスクリーントーンなし。ペンのみ。誤魔化しのない画像。

 

関連記事 : 内田善美という漫画家

関連記事 : ひぐらしの森

関連記事 : 星の時計のLiddell

関連記事 : 自選複製原画集2

 

JUGEMテーマ:イラスト