sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< sora組として3年間活動したエブリスタを卒業します。 | main | kindle電子配信 第2弾「秘め事の輪郭」谷崎透 著 配信開始(sora組books) >>
kindle 電子配信開始 第1弾「腹が立つほど好きだから」(sora組books)

JUGEMテーマ:BL小説

お待たせしました! 本日2/3よりsora組作品がamazonのkindleにて電子配信されます。まずはその第1弾、sora組/谷崎透 著のBL小説「腹が立つほど 好きだから」から配信開始。ここから私達sora組の小説、漫画の両方を短編、長編を織り交ぜながら、毎月1作品を目標に順次配信していく予定です。

 

ーーーーー

あらすじ : 

 

絶対、あの嫌味野郎の鼻を明かしてやる!

俺を認めさせてやるから、みてろよ!

俊は15歳年上のやり手の探偵・堺と同棲中だ。
高校時代、かなりグレていた俊の保護司を引き受けたのが堺だった。
それからずっと、堺は俊をまったくの子ども扱いで相手にしない。

俺のことをどう思っているんだ? 何で一緒に暮らしているんだよ。

更生はしたものの、そんな想いを抱えて予備校に通う日々だ。
そんな時、俊の元へ同級生が姉の素行を調べて欲しいと泣きついて来た。
堺に話を持ちかけるも断られ、俊はひとりで調査に乗り出す。
そこで違法カジノや多額の借金など、同級生の姉がヤバいことに巻き込まれかけていることが判明していく。その向こうにはやくざや政治家の存在も見え隠れしていた。
その上、同級生の姉には誰にも明かせない重大な秘密が隠されていた。
手に余る事態に奮闘しつつ男らしくなっていく俊を、ずっと見守っていた堺が動き出した時、港街が激しくヒートアップする夜を迎える。

港街をめぐる、男たちの抗争と情を描いたハードボイルド小説「雄弁は銀 沈黙は恋」スピンオフストーリー第一作。

 

ーーーーーーーー

 

「雄弁は銀 沈黙は恋」は、この探偵 堺のシリーズやスピンオフを含め、まだまだいくらでも書けるし未発表なお話もあるとは相棒 谷崎談。とりあえずは今が旬なお話や書かないといけないお話を先行しますが、ここからはどんどん新たなお話を電子配信していく予定です。どうぞお楽しみに。

 

さて今回、私達がどこの出版社も編集者もプラットホームも通さず、自分たちで直接 電子配信していく道を選んだのには、お互い長い間の紆余曲折がありました。例えば、電子配信していた出版社からの作品の取り下げ依頼(この詳細はこちらの記事にて)や、編集者とのやりとり、ここには書けないたくさんの大人の事情等々。

 

このネットの大海を何の後ろ盾もなく、全て自分達の手で作り、作品を世に発信していくというこの選択が良かったのか悪かったのかよりむしろ「この道しか私達には残されていなかった」という表現の方が正しいのかもしれません。

 

売れようが売れまいが、やらないで死ぬ時に後悔するより、100%を出し切った上でやった方が絶対に気持ちがいい!

 

そんな新たなスタートです。

 

 

関連記事 : 「僕の楽園」という作品の経緯