sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ディーン・フジオカ「SHELLY」

JUGEMテーマ:ディーン・フジオカ

演技が上手い下手、内容が面白い云々以前にディーン・フジオカ見たさについ見てしまう月9ドラマ「シャーロック」。多分、彼どことなく日本人離れした品があるし何かわからない「華」があるからだと思う。

 

しかし、日本版シャーロックと銘打ったフジの月9。ドラマで低迷しているフジが、旬の男に主役&両主題歌をタイアップし、起死回生を賭けた企画だけど、英国本場のカンバーバッチ率いるSHERLOCKとは同じ線上で語ったらダメでしょう。つか失礼。全く次元が違う。そもそも期待する方が間違ってる。

 

↑でも、そのエンディング主題歌「SHELLY」のMVはすごく好き。これも同じく何度も見ちゃう。30過ぎの男にして何なのこの透明感!久々に絵を描きたい衝動に駆られたよ(似てる似てないは別の話)

オマケの一枚。手のひらサイズのメモに落書きしたもの。こっちはもうちょっと漫画ちっく。

これで演技が抜群に上手ければ語学堪能だからハリウッドも夢じゃないのにな〜

 

三浦春馬みたいに、舞台とかで揉まれて演技力の幅を「イケメン枠」から「俳優枠」で勝負出来るようになれば、もっともっと存在感に艶が増す気がする。

 

演技が下手とか色々言われてるけど、あの存在感と透明感は日本のタレントの中では稀有な存在だと思うので、日本の中だけに囚われず、アジアの他の国のお仕事や、歌もお芝居もいっぱい経験を積んで、一回りも二回りも大きくなって欲しいタレントさんですね。

let go
 
最初聞いた時Hikkiかと思ったm-flo lovers YOSHIKAの名曲 let go 
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに
「今夜はブギーバック」2本立て
今回は清水翔太のcover album「MELODY」から「今夜はブギーバック」。cover albumは平井堅の「Ken's bar」が好きだけど、清水翔太のコレは結構イイ。

また加藤ミリヤという声も聞こえますが、この加藤ミリヤ上手いです。でもねパンチに欠ける。私の中でこの曲のカバーはこのHikki(当時16才!!)の音源が一番好き!
加藤ミリヤはCD音源、Hikkiはライブの音源。それでもこのHikkiのR&B感〜16才でこれは本当にスゴい!!やっぱ天才!!ほんでこれ名曲!!
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに

1D
 
最近1D 5人組の動画をよく見るんだけど、彼らUKの男の子って感じがすご〜くして、服と雰囲気とか…髪の毛くるんくるんだし〜あれは日本人の男の子がするとただの天パーになるんだけど、外人がすると何故か崩れないし違和感がな〜い。あんなサイドから引っ張って来てる髪型なのに…たぶん髪の質が軽いからで根本からちがう〜 歌はね…せっかく5人いるんだから、もっと頑張ってハモってね〜 ってことで、個人的には声質も顔もハリーが好きなのでらくがきくるんるん
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに

Cymbals
 
エンドレスリピート
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに
Def tech best album「GREATEST HITS」初回限定版
 
待望のDef Techのベストalbum get!ベストと言っても半分以上は新曲やremixなので、聴き応えは充分。しかも初回限定版はDVD付で、お得感満載〜 特にこの「Vocaline」と「4 Eye, for you」はイイ!これから初夏に向けて車の中で聴くとゴキゲンになる一枚!これ聴いてたら神戸の高速を走りたくなる〜 とにかく元気になりたい人には彼らの音楽を一度聴いて欲しいな〜
そこまで言うならちょっと聴いてみようかな〜?と言う人にはお薦めの一枚です。勿論★5つ!
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに

以下はres返信です(反転してお読み下さい)
続きを読む >>
Sensation white & black
JUGEMテーマ:クラブ・ダンス
 
 
↑出来れば大画面でご覧下さい!

この二つはコードのある世界でも有名はClub Party(Sensation whiteは白い服じゃないと入れない。Sensation blackは黒い服じゃないと入れない)本場本元はアムステルダム。うううっきゃ〜見てるだけでも楽しそう〜♪行きた〜い♪ちなみにblackのDJは日本人のYOJI。日本人には見えないよね〜(宇宙人でも通りそう…
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ
生Hikki「WILD LIFE」
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル/Utada
LIVEパンフかわい〜
大好きなHikkiのライブを見に横浜アリーナまで参戦!もう最高生Hikki!しかも最終日(パンフ真ん中のハートは途中、上から振ってきたのを必死でGETした戦利品)

絶対チケットGETするんだ〜の気合いを入れて、あらゆる手を使って申し込んだのが功を奏したのか、ライブ1週間位前になっていきなりチケットが自宅に送られて来た!その時点でテンション上がりまくり〜
センターステージ。
前日のUstream Live映像も次の日の楽しみの為に見るの我慢して挑んだ最終日。最初、このセンターステージのどこから出て来るんだろ〜と思ったら、この↑青い上の部分からまるで「女神」のようにHikkiは降りて来ていきなり「Goodbye Happiness」「traveling」を歌い、続く「Automatic」「First Love」や「テイク5」「BLUE」などピアノ弾き語りや懐かしいナンバーが続いて…もう夢の中にいるみた〜い 

中盤「ぼくはくま」を会場みんなで熱唱。コンサートグッズもそうだけど、ライブ最初の映像もくまくまくまで、最初から最後までくまちゃん大活躍。そして最後の曲は意外にも「虹色バス」。

思い返せば…まだ宇多田ヒカルという名前も知らない時、店内で流れる「抱きしめられると、君とparadiseにいるみたい〜♪」というフレーズが頭から離れず、その足でCDショップに向かったのが12年前。(実は某漫画タイトルはここから来ているんだよね〜

今回、彼女の生歌を聞いて本当に歌が上手いな〜って思った。彼女は最初のAutomaticから全曲作詞作曲してるのは有名だけど、実は数年前から編曲も手がけている。ビジュアルもあんな美人なのに…もうここまで来ると天は2物も3物も与えちゃったのね〜的存在。なのに全然奢ったところがない。そこが彼女の魅力の一つでもあるんだけどね

そして、アンコールはジョンレノンの曲をアコースティックギターで弾き語り。最後は「time will tell」…何百回聞いたかわからないこの曲の「時間がたてばわかる」と歌う目の前の歌姫の生声を聞いていると、しばらく会えない彼女の心の声のような気がして…デビューからずっとずっ〜とファンだった12年間が走馬灯のように頭を駆け巡って涙が自然に溢れて来ちゃった。きっと、彼女が歌うように時間がたてば、何故彼女が今この時期に活動休止したのかがわかるんじゃ〜ないかな。

トークでは、何度も何度も声を詰まらせたHikki。「time will tell」を歌い終わった後、マイクを地面にそっと置き、そのマイクの代わりにくまちゃんを拾い上げ、花道を笑顔で歩き、最後に深々〜と私達に頭を下げ、12年間という一つの時代を作り上げた歌姫は舞台を後にしました。Hikki〜本当にお疲れ様!そしてありがとう! 又いつか一周りも二周りも大きくなったHikkiに会えるのを楽しみにしています
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ

Goodbye Happiness
JUGEMテーマ:音楽 

hikkiの新曲「Goodbye Happiness」いいね〜  動画はこちら
可愛い〜
このPV、カメラが全く動きません。あのautomaticを彷彿とさせる〜というか、途中わざとautomaticや過去のPVパロッたりして、ラブリ〜のなんのって〜 
でもhikkiの部屋なのに、あれ?くまちゃんがいないゾ!
と思ったら頭だけくまちゃんがっ!
これ、hikki初の監督作品だって!すご〜い!hikkiのツィートって、ものすご〜く可愛くって、読んでるだけで癒されるーぼんじゅーる
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ

Def Teck New Album「Mind Shift」
 JUGEMテーマ:音楽

 
Def Teck復活第一弾Album!!「Mind Shift」発売です嬉し〜い 復活したんだ〜!あの2人の歌声が又聞けると思うとめっちゃ嬉しいな〜
あれだけ一世風靡しながら、ポイッと音楽性の相違から一度は解散後、ソロ活動してた2人。やっぱり「Catch The Wave」の印象が強くて、ソロのShenの曲も聞いてたんだけど、パンチに欠けててなんだかしっくり来なかったんだけど、やっぱり2人の元気な顔と歌声を聞くと、こっちまで元気になっちゃう 今回のAlbumはちとMicro寄りな感じもしますが、まずは2人が又一緒に歌う事になった事にお祝いだ〜い
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^ブログランキング・にほんブログ村へ