sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
色々こもごも

↑にある薄い影トーン全ページ飛んでる!はぁ〜あの苦労はなんだったんだ...

こ〜いう現実を目の辺りにすると、プロの漫画家さんって、多分自分の原稿が作成された通りの色やトーンで印刷されなかったりする事は多々あるんでしょうね。編集や印刷サイドの技量によって、こうも違うと少々考えてしまいます。お金頂くってのは、こ〜いう事でもあるのね。自分の作成した画像を一番ベストな状態で読者さんに見て欲しいと思うのは描き手として当然の事。いつか自分の描いたものが、より綺麗に読者さんの手に渡る日を夢見て。
 

作業終了


カラー表紙から。

という事で、やっとこれで作業終了です。この漫画、高校生の主人公がお父さんの葬式当日、突然18年前にタイムスリップし、そこで若きお父さんに出会う所からお話は始まります。いや〜すごく楽しかった!色々勉強になったし、自分に足りない部分を改めて考えるといういい機会でもありました。

遠い空からこんにちわ


カラー表紙から。コレ描きながら思ったんだけど、タイムラグがあると季節ネタはダメだな。やっぱ裸しかないか。

このサイトに毎日外国からの訪問があります。欧米が殆どですがアジア方面からもちょくちょくあります。アニメ関連のサイトじゃないから見る要素あるのかな〜?それに外国に住む日本人の方が見てるなら分かるんですが、外国人の方も見てる事あるんでしょうか?ちょっとハローと言ってみるパーだって、漫画とか全部日本語だから見ても分かんないと思うし、どこをど〜見てここに辿り着いているのかちょっと素朴な疑問だったり...。どちらにしろ、お楽しみ頂いてるのなら嬉しいです。

ノスタルジック恋話


彼、今まで描いたことのない種類のキャラ。

あとは作業のみ。全話80pなので ちょっとした内容にはなってます。最初はもっとギャグタッチで描く事も考えたこの漫画ですが、結果的にはかなりノスタルジックな香りのする漫画になりました。最後まで読んで頂いた後、ちょっとホロリときて貰えれば嬉しいな〜と。昔の恋を忘れかけた大人の人とかに是非読んで欲しいですね。

花しょう青年


前にも何度か載せたこの絵、見て頂くとお分かりの様に頭にも服にも花をしょわせてます。BLで花しょってる人は余り見かけませんが、個人的に男性に花は似合うと思います。他に色がない分、余計引き立ちます。なので伊集院には赤い薔薇をよくしょわせます。烈はカサブランカとか似合いそう。是近は髪型からしてチューリップ?漸...この人は花より煙草かな。
 

金髪碧眼


だんだん若いのより親父描くのが好きになってきたよ。

スーツ好きです。特にダブル。最近余り見かけないですが、若いモデルが黒のダブルスーツとか着てるときゅるんとキますね。金髪碧眼だとなおの事。

金髪碧眼で思い出したけどエジブトに行った時、ヴァケーション時期でもないのに欧米の子供達を沢山見かけました。欧米人の子供って本当に綺麗。特に肌が透ける様でおもわずじっと見てしまいたい衝動にかられました。本当はカメラに収めたかったけど脳内シャッターで。でもね、ある時期を過ぎるととたんに欧米の方って老けますよね。日本人が海外で若く見られるのも頷ける話。なんか顔の彫が深いから皺が出やすいんでしょうか。とにかく14、5歳あたりのあの金髪碧眼の美しさはどこへってな感じです。その点、日本人はそこそこで生まれ、そこそこでゆったりまったりと老けていきます。老けスピードが緩やかなんですよね。さて、どっちがいいんでしょうか?
 

親父


上の画像はその4話から。親父も一杯出てきます。キャラの描き分けが難しい話です今回。親父ばっかりで画面を埋めると地味になるんでそこそこに。今回、実は女性も出てくるんですが、女描くの下手クソになってます多分。ずっと男ばっか描いてたからかな。昔は男が描けなかったのに。そんな事で久しぶりに女性誌買いました。みんな可愛い。こんな女の子描いてみたいな〜ってのが一杯あってむふふふと見てました。端から見たらそれ自体 親父っぽいかも。
 

どちらでしょう


あああ、時間が足りない!!でも楽しい!

友達が会社関係の結婚式に呼ばれ行った時の事。
結婚式どうだった?と聞くと、会社関係席だったから自分以外は全員おっさんだった、と。いや、違う...おばさんだったかな?よくわかんない。??? よくよく話を聞くと、隣に座った人と気が合いかなり喋った挙げ句、式が終わってもお茶しましょうと誘われ喫茶店に行って名刺交換もし、春のイベントで是非コラボしましょうという話までしたのにも関わらず....「おっさんだったか、おばさんだったかわかんないんだよね。ま、ど〜でもいいけど」いや、ど〜でもよくないだろっ!しょうがないから「おばおっさんにしとこう」と私達。
これで一件落着(^^)
 

消えました



ブログの設定をいじくってたら全部消えちゃいましたあららら。
やっぱり苦手だブログとかサイトとか云々。