sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「ポーの一族」カラオケとHappy Birthday

 

 

 

 

関連記事 : 宝塚「ポーの一族」

関連記事 : 「ポーの一族」と「トーマの心臓」

関連記事 : My神

関連記事 : 萩尾望都 特集本

関連記事 : 二人のMy神と時効話

関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」1

関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」

関連記事 : 「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」

関連記事 : オスカーは欠かせない

関連記事 : 萩尾望都関連記事

 

「トーマの心臓」のらくがき
 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
読んでたら、落書きしたくなったユーリ「かみ…さ…ま?…きみは信じてるの…?」
読んだよ〜の足跡代わりにポチッと→更新の励みに


「トーマの心臓」外伝『訪問者』(萩尾望都著)

 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

行き詰まると読むMy神の本。今回ご紹介するのはあの「トーマの心臓」のオスカーの過去を描いた外伝「訪問者」。言っておきますが、読むと大泣きします。
代表作「ポーの一族」は完結後「描きたい事は描き切った」と語り、その後、出版社側の強い要望にも一切応じなかったけど「トーマの心臓」は連載後、著者は二つの作品を残しています。一つはこの「訪問者」、もう一つはエーリクが義理父シドの住むボーデンで過ごした夏休み「湖畔にて」の2作品(こちらは漫画ではなく絵本)。
そのラストシーンの数ページをご紹介。↑(オスカーって金髪だったの?)本編で何度も挿入されるオスカーの幼少期をじっくり丹念に描いています(これを執筆時にはもう大御所扱いだから本編の様にページの制約がないしね〜)
↑ラストはオスカーが父に連れられてシュロッターベッツにやって来る所で終っています。この時のユーリには本編の様な影がありません(サイフリートとの事の以前という設定の為)
「トーマの心臓」は著者が見た映画「悲しみの天使」というギムナジムで愛し合う上級生と下級生との物語の最後、仲を引き離された下級生が列車から一人で飛び降りて死ぬというバッドエンドで終った為「その残された上級生の気持ちをきちんと昇華させたい」という著者の妄想から生まれた作品というのは有名な話。
そしてこの「訪問者」はオスカーの父が妻(オスカーの母)を殺すシーンから始まり、シュロッターベッツにやってくるまでを描いた作品で、本当は本編に入れたかったけど、当時連載の人気が殆どなく(この逸話はこちら)いつ連載を打ち切られてもおかしくない状態だった為、結局入れられず、いつかどこかで描きたいとずっと思っていたところ、著者の才能を最初に見抜いた山本編集長が創刊する少女漫画雑誌の目玉にと依頼され、満を持して描いたというエピソードが残っています。
もう内容はここで蘊蓄語るより読んで下さいとしか言えない。著者はあの松本清張の名作映画「砂の器」のイメージで描いたと語っています。これを読んで「トーマの心臓」をもう一度再読すると一粒で2度美味しいという(死語)… 
こんなふうに、描いてる内にキャラの背景がどんどん湧き上がって来るのはよくある話で、それだけキャラが立っている…というか描いてる本人が、そのキャラが好きな証拠だと私は思うな〜 (栗本薫も夢枕獏もこのシリーズではオスカーが好きという…ちなみに私もそう
又、近い内にもう一つのサイドストーリー「湖畔にて」もご紹介出来ればと思います。

 
萩尾望都 特集本
 
やっぱ神 最近発売されたMy神のムック本です。左はインタビュー中心の特集号。右はエッセイ集。実は、右のエッセイ集は12年前、あんず堂から出版された物の再録版です。私はオリジナルの方を持ってました。今回の特集号は神スキ〜にはたまんない一冊!特に今だ健在の実の両親&姉妹方のインタビュー記事は必見です。お母様、大滝秀治にしか見えない… ご両親は萩尾先生が漫画家でいるのをずっと反対されてて「ポーの一族」や「トーマの心臓」を描いてる時でも「いつ漫画家やめるの?」と会う度に聞いていたというから恐ろしい。それが、小学館漫画賞を取った時に「もう、漫画をずっと描いてていいんだ」と萩尾先生が思ったとの後日談。良かったやめないで

こっからは長いよ〜
続きを読む >>
二人のMy神と時効話

私が漫画にハマったのは いわずもがな萩尾望都の「ポーの一族」と「トーマの心臓」だった。それから山の様に漫画を読んだけど、未だこの2作を越える作品には出会ってない。多分この先も変わらないと思う。初めて彼女のこの漫画を読んだ時、とにかくドキドキわくわくしたのを今でも覚えてる。

こっからは長いよ…

 私が萩尾望都を好きなのは、ここを見ている方なら多分知ってると思うけど、読者の方から私の漫画が「萩尾望都の漫画に似ている」と言われたことも一度や二度じゃぁない。

 

 

まあ、ン十年前の漫画を未だに参考にしている訳だから、画風も雰囲気もそんだけ古いのかもしれないけど、やっぱりこればっかは好きだからしょうがない。

実は何年か前、真剣に「ポーの一族」の二次創作本を作ろうかと考えた事があった。この「ポーの一族」は200年に渡る吸血鬼エドガーのオムニバス形式の短編寄せ集めからなる長編物語。なので、描くならパロディではなく、空いている年代の別の短編をいくつか作るつもりだった。
メインキャラであるエドガーやアラン以外にもオリジナルキャラを作って絡ませることまで考えてた。売れる売れないはこの場合関係な〜い。描きたいか描きたくないか、動機は充分だった。
で、一応こ〜いうのに対して作者はどう思うだろうと萩尾先生にかなり近い人物まで話を通した。その時の答が「モー様はそ〜いうの好きじゃないと思う」という簡潔な一言でこの話は却下。ご本人が嫌がるのにやろうとまでは思わない。My神だから。
そう言えば 手塚治虫が萩尾望都の漫画のことを書いている箇所がある。
「長編漫画を描く、第一のポイントは、最後まで飽きずに描くということだ。…長編漫画のもうひとつのポイントは ただ長い漫画を描いただけでは、少しも自慢にならないということだ。そこに新しい試みがなされている必要があるのだ。…ほんのちょっぴりでも、いままでの漫画になかった、目新しさを出してほしいのだ。
…これは、何も画風のこととか、主人公の性格とか言っているのではない。なんというか、物語を含めた、全体のムードのことである。
たとえば萩尾望都さんの漫画は、おなじ少女漫画でも、ほかの人のものと、ちがうことがわかるだろう。それは画風とかいったものではなく、もっと全体的な感じだ。なにか新鮮さがあることを感じるだろう。
…新鮮、そうだ、新鮮さが、長編漫画の成否のカギなのだ。
これを出すのは、容易ではないように思える。しかし、描いている本人が、素直に描けば出せるものだ。それにはまず、
1、あまり、ほかの漫画作品(ことにプロの)を見ないこと。
2、深く考えすぎず、ただマイペースで描くこと。
3、描いている途中で人の意見を入れないこと。
などが大切である。」
手塚氏の言葉は漫画を描く上で ものすご〜く参考になる。なんというか、誰にでもよく分かる簡単な言葉で言ってくれるから直接心にズシンと来るんだよね〜。私にとって、手塚治虫の言葉と萩尾作品そのものがバイブル。そういう意味でも、この二人はMy神です。

 

 

 

関連記事 :少年の名はジルベール

関連記事 :宝塚歌劇「ポーの一族」

関連記事 :カラオケとHappy Birthday

関連記事 :「ポーの一族」と「トーマの心臓」

関連記事 :萩尾望都 特集本

関連記事 :My神

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」1

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」2

関連記事 :「トーマの心臓」後日談「湖畔にて」3

関連記事 :オスカーは欠かせない

関連記事 :ユーリとオスカー1

関連記事 :ユーリとオスカー2

関連記事 :ユーリとオスカー3

関連記事 :ユーリとオスカー4

関連記事 :ユーリとオスカー5

 

関連記事 :萩尾望都関連記事

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

オスカーは欠かせない
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

オスカーです。もう一枚はpixiv(Linkから飛べます)にup。

好き過ぎです。好きキャラ3本の指に入ります。そう言えば、この間亡くなった中島梓さんが「トーマの心臓にはあのオスカーがいた」という類いの記事を書いておられました。確かにトーマの心臓にオスカーは欠かせない。
読んだよ〜!の足跡代わりにポチッと押して頂けると嬉しいです^^→にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ

My神

My神である萩尾望都の最近の作品2作。この記事を書評にしようか雑記にしようか迷いましたが一応書評で。(でも余り作品には触れていません)相変わらず上手いです。流行り廃りで埋もれていく作家達の中で、独自の世界感を常に作品として残していく様はやはり天才だなぁと。「山へ行く」は短編集ですが「あぶな坂ホテル」はあの世とこの世の狭間にあるホテルの女性オーナーが主人公の一話完結型シリーズものです。こちらの方は、このまま何巻もシリーズとして描いていけば彼女の代表作になりうる作品です。

何度も言いますが上手いです面白いです。でもね....萌えない。彼女の短編は読み終わった後に何ページなんだろう、といつも数えてしまうんですが16pの作品は本当に凄い!もしココを見ている方が漫画を読む側じゃなく、描く側の方なら絶対に参考になると思います。無駄なコマ、無駄な台詞、無駄なエピソードは全くなく構成は圧巻そのもの。そこは天才の域。彼女が「何ページであろうと傑作は描けます」と言い切っている所以はココにあります。

彼女が20代で描いた「ポーの一族」と「トーマの心臓」は私の中で唯一無二の作品なだけに、ここから進化していく彼女の独自の世界感は勿論素晴らしいんだけど、やっぱり私の萌えからはどんどん遠ざかっていくんだよね。それはそれでちょっと寂しい様な...。それでも、40年漫画を描き続けてきた彼女の軌跡は全く色褪せてはいないし、読者に媚びてもいない。本当に淡々と作品だけを世に送り出してきた漫画家なんだな〜と心底思います。

いつの頃からか、My神の作品に萌えを求めなくなったけど、この人の作品を描き続ける創造力の泉は枯渇しないな〜と改めて感嘆。でも萌えないけどね。あのエドガーや、ユーリや、オスカーやエーリクの様な萌えキャラ達は彼女の中でどこへ行っちゃったのかなぁ...。それでも、何十巻と無駄にシリーズを続け昔の代表作に縋っている作家達がいる中で彼女は、未だ進化をし続けている数少ない漫画家だと思います。
いつもぽちっと応援ありがとうございます♪→にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ参加中

ポーの一族とトーマの心臓

以前描いたエドガー。これ、カラーで何度塗っても失敗したのでギャラリーには線画のみしか上げれなかった曰く付きカラーイラスト。今回もトライしましたが、失敗絵は何度修正しても、やっぱり失敗しますね。ブログなんでお茶濁しにでもどうぞ。

と言う事で、今回も語りが熱いです。マイ神である萩尾望都が「ポーの一族」について語っている特集ビデオを見た。この作品と「トーマの心臓」は生涯譲れないバイブルなので、それについてゆったりと語る萩尾さんの言葉一つ一つが私の胸にじんわりと染み込んでいく。

「ボーの一族」はエドガーという孤独な吸血鬼の少年の200年に渡る15編から成る物語。綺麗な吸血鬼を描きたい、という著者の意向を「君に連載はまだ早い」という一言で担当には受け入れられず、まずは16Pの番外短編数本からスタート。そんな諸事情もあり、年代を順序立てて追う事なく5年という歳月の中、バラバラに描かれ、その間に「トーマの心臓」の連載が33週あり(ここで絵のタッチがかなり変化する)この2作は殆ど同時期に描かれた作品である。当時「ポーの一族」の単行本が3日で完売し、連載中の「トーマの心臓」の評判が悪く担当からトーマを打ち切ってポーを描けと再三言われたエピソードを筆者は淡々と語る。又トーマを描くに辺り、担当が当時絶大な人気を誇っていたベルバラ本を片手に「こ〜いう歴史ロマン長編を描きましょう」と意気込んだらしいというから面白い。
「トーマの心臓」はドイツの片田舎にある学園寄宿舎(ギムナジム)で自殺を測る少年とその苦悩に悩む少年を取り巻く心理描写メインの長編。この作品は同じギムナジムでの外国映画を筆者が見て発想が沸いたとどこかで聞いた事がある。

そして、現在還暦に近い筆者が20代後半に描いた「ポーの一族」という作品を振り返り、最後にこう締めくくる。
「私はこのお話が私のところに降ってきてくれた事に感謝しています。これを描いている間、私はとても幸福(こうふく)でした。」
この言葉を筆者の肉声で聞いたら涙が溢れてきた。やはりMy神はどこまでも神でした。
いつもぽちっと応援ありがとうございます♪→にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ参加中。