sora、sora組のBL漫画制作、お仕事情報や雑記等…
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
電子書籍化 GO!その1 (by 谷崎 透)

こんにちは。今日はとても簡単な「小説の電子書籍化」のお話をしたいと思います。

 

これから先、自分の書いたお話を電子書籍にしたいな、と考えている方がおいでましたら、ご参考いただければと思います。あ、でも「私、結構、PC強いし〜」という方には何の参考にもなりません(^^; 

 

「ホント、PCなんてワードぐらいだわ」でも「電子書籍にしたいな〜」という私のような方がおいでましたら、ちょっと参考になるかもしれませんです。

 

それくらい、私は全〜然、パソコンには詳しくありません。なので、仕事については見かねた同僚とかがいろいろサクサク設定してくれちゃって、支障ないって程度です。そんな私でもできちゃうぐらいなので、「小説の電子書籍化」は難しくありません。

 

でも、「難しくない」と「手間がかからない」は別もんです。

 

まあね、新しいことをしようと思ったら、手間がかかるのは仕方ないですよね。

 

とりあえず、まず、掲載目標であるアマゾンのキンドルへ行ってみましょう。そして、いろいろ説明を読んでみます。

 

すると! ここで、キンドルには「ワードで作った文章を電子書籍化するためのツールがあります」って嬉しいことが書いてあるじゃないですか! わお、素晴らしい! もう楽勝〜! 

 

ところがところが、よく読むと「日本語には対応していません」と書いてあります。ガクーーーーッ!! なんじゃそれ!

 

「アマゾンめ! 日本、舐めてんな!」とか、罵声を送るのは頭の中だけにしておきましょう(^^; 「早く日本語にも対応してくれると嬉しいな〜」と希望メールするくらいがいいですよね。

 

とりあえず、ここではKindle Previewerをダウンロードしてもらって来ましょう。これは、作った電子書籍がキンドルでどんな風に映るか、が確認できるツールです。これから紹介するコンバーターで上手く表示されなくても、このKindle Previewerにきちんと表示されていれば、キンドルで反映されるはずです。

 

さて、キンドルに振られた私は、色んな方のブログを渡り歩きまして、行き着いたのが「電書ちゃんのでんでんコンバーター」さんです。ホントにありがたいですね。こんな素晴らしいものが無料で使わせてもらえるなんて! 感激です。

 

このでんでんコンバーターさんではいろいろなことができるのですが、私の目的は電子書籍化ですので、このことについてだけサクサク進んで行きます。

 

まず、ワードではダメ、ということがわかりました。たぶん、文字書きの方の多くはウインドウズのワードで書かれている方が多いのではないかと思うんですが、どうでしょう。

 

ワードがダメ…ガーン! これはちょっとショックなんですが…大丈夫! メモ(txt)でOK! ありがたい!

 

さあ、何か、短い文章をワードに用意して、メモにコピーして貼り付けましょう。これでもう、掴みはOKです!

 

でんでんコンバーターさんTOPページにあるように、必要な場所にアップロードし、題名と作者名を入れて、横書き、縦書き、扉、表紙の有無を選んで、ポチッとするだけです。まあ、いろいろ試してみるといいと思います。ダウンロードしないかぎりその場で消えますので、何度でもやり直せます。

 

その際、必ず「作成したEPUBをプレビューする」にチェックを入れましょう。これで、でんでんコンバーターのプレビュアーで、美しくできた電子書籍を確認できます。

 

しばし、悦にはいっても許されるでしょう。うっとり…。

 

 

そうすると、次には表紙を入れたくなるでしょう? 入れてみましょう。表紙にしたい絵は必ずcoverという名前にしましょう。私はこれが分からなくて、やり直すこと数回…。ですから、電子書籍化したい作品が一杯ある人は、フォルダを作ってひとひとつ整理しておかないと、coverだらけになっちゃいます(^^;

 

でんでんさんを始め、こういうシステムには必ず設計図があるものなのですが、その設計図には「coverって題名の絵を表紙にするね」っていうお約束が書いてあるんですね〜。で、「本文のtxt」と「cover」の絵の2つを、Ctrlを押して一緒にアップロードすれば、OKです。

 

表紙もついたら、うふふ…って笑っても許されるでしょう。うふふふふ…。

 cover

さて、表紙をつけたら終わりというわけではなくて、文にはいろいろお約束があるじゃないですか。たとえばルビをふるとか、題名は大きくするとか、箇条書きにするとか、そういうのです。

 

それについてはでんでんコンバーターさんの中で、そう表示するお約束について詳しく解説してくれています。

 

その中で、でんでんマークダウンというページの中の「でんでんエディター」というものがあります。これが便利!

 

クリックひとつで、強調やルビ、太文字、見出しなんかに変換できます! そして、プレビューも見られちゃいます。

 

よくわからなくても大丈夫。適当にやってみたら、分かってきます。まあ、一度、やってみてください。やってみたら、なるほど、と思います。私はコードで書いていましたので、コードをコピーしてtxtに貼りつければ、あ〜ら、できあがり!

 

ほんとに素晴らしい!!!

 

 

最後に奥付を作ったのですが…ここで、かなり手間がかかりました。というのは、縦書きで言えば地付け、横書きで言えば右寄せ、という機能がでんでんにはなかったのです!

 

あ〜〜〜〜。縦書きで、下に揃えて奥付作りたかったのにな〜(--

 

というわけで、捜しました! ありがたいですね、先人の皆さまも考えたらしく、でんでんさんで地付けする方法をいろんなところで解説してくれていました。

 

ところが、いくつかまわりましたがうまく行かず…どうやら、でんでんさんはバージョンアップされたらしく、そのせいで違っているのかと思うことも…?

 

続きは長くなってきますので、次に回したいと思います〜(^^;

 

 

関連記事 : 電子書籍化 GO!その2 (by 谷崎 透)

関連記事 : kindle電子配信 第2弾「秘め事の輪郭」(sora組books)配信開始

関連記事 : kindle 電子配信開始 第1弾「腹が立つほど好きだから」(sora組books)

関連記事 : 新レーベル「sora組books」立ち上げ

関連記事 : 「僕の楽園」という作品の経緯

 

 

 

JUGEMテーマ:電子書籍出版

 

 

 

新レーベル「sora組books」立ち上げ

 

2/3の節分からスタートした私達sora組のkindle電子配信に伴い、どうせやるならと、新レーベル「sora組books」を立ち上げました。当面は小説&漫画のみの配信ですが、余裕が出てくればエッセイや画集、紙の書籍(だから僕楽本を普通の本棚サイズに)も販売したりと将来的に色々出来ればと思っています。目標100冊突破!

 

今回、私の本業のデザイナーの仕事が功を奏し、表紙やロゴやタイトルデザインの全てを自分一人で出来たことは凄く嬉しかった! 

 

以前、出版社より電子配信した時、こちらがどんなに表紙を頑張って描いても、デザイン一つで全て台無しになることを痛感したので、こうしてトータル的に自分達の作品をプロデュース出来る時代が来たんだなぁと。それならそれをやらない手はない。自分達が出来ることは自分達でする!

 

もちろんここに来るまでには色々ありましたよ。数年前から2人で出版社を回ったり、電子配信の編集者と打ち合わせしたり、色んな賞に投稿したり、様々なSNSプラットホームを利用したり、過去の電子配信の権利の返却を出版社にお願いに行ったり(その経緯はこちら)…

 

それはまるで錆びついたマシンを点検し、油を差し、ゆっくり徐々に動かしてゆく過程に似ています。その内、2人の息が調い、呼吸が合い、リズムが合っていく。錆びついていた創作脳がミシミシと音を立て、エンジンが徐々に回り始めます。

 

そうして、数年前からこの動きをしていたことが全て今に繋がる。この経験とノウハウは絶対に無駄じゃない!

 

その間、編纂、改訂等も含め、2人の作品をたくさん形に出来たこと。これが一番大きかった!

 

なので今後、私もこのブログに自分用の記録として、kindle個人電子配信の記事の詳細をなるべくアップしていこうと思っています。

 

システム等々まだまだわからないことだらけで、毎日色んな記事を検索したりamazonに問い合わせしたりと、作品を生み出す以前の雑務にかなり追われていますが、いつかそれらも一段楽すれば、私も漫画執筆に専念出来ると思います。あ〜早く僕楽の続き描きた〜い!

 

関連記事 : 「僕の楽園」という作品の経緯

関連記事 : kindle 電子配信開始 第1弾「腹が立つほど好きだから」(sora組books)

関連記事 : kindle電子配信 第2弾「秘め事の輪郭」(sora組books)配信開始

関連記事 : 電子書籍化 GO!その (by 谷崎 透

kindle電子配信 第2弾「秘め事の輪郭」谷崎透 著 配信開始(sora組books)

JUGEMテーマ:BL小説

昨日のkindle電子書籍 第1弾「腹が立つほど好きだから」配信開始に引き続き、amazon kindle 電子書籍 第2弾「秘め事の輪郭」が配信になりました。

 

あらすじ:有泉(ありずみ)にとって幸運だったのは、最初の連絡が入ったのが会社だったことだ。愛車と共にガードレールに激突した高峰(たかみね)。その鼓動が動いていることが、すでに奇跡に近いと医師たちは告げた。

 

新入社員の有泉は何事にもあまり熱心になれない今時の若者だ。誘われて、直属の課長の高峰となんとなく付き合いだして半年。その高峰が事故を起こし、意識不明に陥った。

 

身内でもない有泉にできることは、高峰の好きだった煙草をくゆらして無事を祈ることぐらいだった。

 

ある夜、有泉は目に見えない何かに襲われる。妙なところに触れてくる手の感触は。

 

“もう絶対に課長だ。この手はあのすけべ野郎に決まってる!”

 

何故か、彼のところへ毎夜現れ、不埒なことを仕掛けてくる高峰。

 

そんな時、会社に現れた刑事から、高峰の車を誰かが細工した可能性があることを知らされる。

 

“俺が犯人を捜してやるから、そいつの所へ出てくれよ!”

 

そう約束した有泉は、高峰の事故前後の足取りを追い、上司、同僚、妻とさまざまな人の気持ちを知ることになる。

 

高峰を事故に追いやった犯人は誰なのか。真相を追いながら、有泉は認めようとしなかった、自分自身の高峰への想いに徐々に向き合うこととなっていくが…。

 

ーーーーーーー

 

昨日の探偵 堺シリーズは探偵モノ。今回は幽霊?! (ホラーじゃないですよ)とにかく…甘く切ないハッピーエンドが大好きな方にお勧めな1冊です。

 

 

関連記事 : 「僕の楽園」という作品の経緯

関連記事 ; sora組作品 kindle 電子配信開始 第1弾「腹が立つほど好きだから」

kindle 電子配信開始 第1弾「腹が立つほど好きだから」(sora組books)

JUGEMテーマ:BL小説

お待たせしました! 本日2/3よりsora組作品がamazonのkindleにて電子配信されます。まずはその第1弾、sora組/谷崎透 著のBL小説「腹が立つほど 好きだから」から配信開始。ここから私達sora組の小説、漫画の両方を短編、長編を織り交ぜながら、毎月1作品を目標に順次配信していく予定です。

 

ーーーーー

あらすじ : 

 

絶対、あの嫌味野郎の鼻を明かしてやる!

俺を認めさせてやるから、みてろよ!

俊は15歳年上のやり手の探偵・堺と同棲中だ。
高校時代、かなりグレていた俊の保護司を引き受けたのが堺だった。
それからずっと、堺は俊をまったくの子ども扱いで相手にしない。

俺のことをどう思っているんだ? 何で一緒に暮らしているんだよ。

更生はしたものの、そんな想いを抱えて予備校に通う日々だ。
そんな時、俊の元へ同級生が姉の素行を調べて欲しいと泣きついて来た。
堺に話を持ちかけるも断られ、俊はひとりで調査に乗り出す。
そこで違法カジノや多額の借金など、同級生の姉がヤバいことに巻き込まれかけていることが判明していく。その向こうにはやくざや政治家の存在も見え隠れしていた。
その上、同級生の姉には誰にも明かせない重大な秘密が隠されていた。
手に余る事態に奮闘しつつ男らしくなっていく俊を、ずっと見守っていた堺が動き出した時、港街が激しくヒートアップする夜を迎える。

港街をめぐる、男たちの抗争と情を描いたハードボイルド小説「雄弁は銀 沈黙は恋」スピンオフストーリー第一作。

 

ーーーーーーーー

 

「雄弁は銀 沈黙は恋」は、この探偵 堺のシリーズやスピンオフを含め、まだまだいくらでも書けるし未発表なお話もあるとは相棒 谷崎談。とりあえずは今が旬なお話や書かないといけないお話を先行しますが、ここからはどんどん新たなお話を電子配信していく予定です。どうぞお楽しみに。

 

さて今回、私達がどこの出版社も編集者もプラットホームも通さず、自分たちで直接 電子配信していく道を選んだのには、お互い長い間の紆余曲折がありました。例えば、電子配信していた出版社からの作品の取り下げ依頼(この詳細はこちらの記事にて)や、編集者とのやりとり、ここには書けないたくさんの大人の事情等々。

 

このネットの大海を何の後ろ盾もなく、全て自分達の手で作り、作品を世に発信していくというこの選択が良かったのか悪かったのかよりむしろ「この道しか私達には残されていなかった」という表現の方が正しいのかもしれません。

 

売れようが売れまいが、やらないで死ぬ時に後悔するより、100%を出し切った上でやった方が絶対に気持ちがいい!

 

そんな新たなスタートです。

 

 

関連記事 : 「僕の楽園」という作品の経緯

 

「3の轗軻(かんか)」電子配信終了

お久しぶりです。最近はエブリスタで生息してるので、ブログを1ヶ月半も放置してしまいました。すみません。でも、毎日作品は更新してましたよ。

 

急に寒くなってびっくりしています。ついこないだまで麻のノースリーブで過ごしていたのに、今朝は厚手のセーターを出してきました。季節がひとっ飛びした感じです。

 

ということで諸々ご報告もかねて。「3の轗軻(かんか)」の電子配信が終了しました。ご愛読下さった皆様ありがとうございました。

 

現在、エブリスタでは毎日、相棒の小説を含め小説4作品、漫画2作品、計6作品をバリバリ更新中です。いやもうお尻に火がついた綱渡り更新なんですが、お暇な時にでも どうぞ覗いてみて下さい。そしてお気軽に どしどしコメント下さい!待ってま〜す楽